やばい!やってた!?「下半身太りになりやすい人」の特徴2つ やばい!やってた!?「下半身太りになりやすい人」の特徴2つ
画像出典: fotolia

やばい…やってた!「下半身太り度」がわかる習慣チェック法

2018年05月22日
「なんだか腰回りにお肉がついてきたような…」「昔から、上半身は華奢なのにお尻から下のぷよぷよぶりが気になる」。このように「下半身」のお悩みをいただくことが多いです。実は、下半身太りに陥りやすい人には、こんな特徴(生活習慣)があります。ぜひ一度チェックしてみてください。

食生活を聞くと下半身太り度がわかる

□しょっぱいものや濃い味付けの料理が好き
□甘いものをよく食べる
□加工食品やジャンクフードをよく食べる
□野菜が嫌い・あまり食べない
□「水」で水分補給していない


当てはまる項目が多いほど、下半身が太りやすいタイプ。塩分の多い食事や水分不足はむくみの大きな原因です。体脂肪だけでなく、むくみによって下半身が気になるケースも多いようです。

また、野菜や果物に豊富に含まれるビタミン・ミネラルが不足すると、代謝が低下して体脂肪がつきやすくなります。中でもお腹周りや腰回り、太もも周りは脂肪がつきやすく、下半身太りの大きな原因にもなります。

下半身
画像出典: fotolia

姿勢を見ると下半身太り度がわかる

□机に座るとついつい頬杖をついてしまう
□立っているとき、気づくと片足に重心が乗っている
□デスクワーク中の姿勢が悪い
□鏡の前に立つと、両肩の位置がずれている
□前かがみ、または猫背である


これらに当てはまる人も下半身に体脂肪がつきやすい人。上半身を支えるために太もも周りの筋肉が発達したり、疲労や老廃物が溜まりやすくなったりしてしまいます。歪みによって可動域が狭まり、運動効果が低くなることで太りやすいケースも。日々、身体に負担がかかりにくく美しい姿勢を意識することが大切です。

姿勢
画像出典: fotolia

食生活や姿勢を意識するだけで、身体がガラッと変わります。ぜひ当てはまる項目を一つずつ減らしてスリム美脚を実現してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数