30代が最ももとめるアクセ。一粒ダイヤのアクセ3大ブランド 30代が最ももとめるアクセ。一粒ダイヤのアクセ3大ブランド
画像出典: fotolia

30代が最も求める、一粒ダイヤのアクセ3大ブランド

2018年04月17日
映り変わりの激しい流行のデザインアクセよりも、いま欲しいのは大人の女に似合う一粒ダイヤのアクセサリー。飽きのこないデザインと、どんな服装にも合わせやすいアイテムだからこそ、いつもより背伸びをして、ちょっと良いブランドのものが欲しいですよね。そこで今回30代の女性に人気の高いブランドで見つけた、一粒ダイヤアイテムをご紹介します。

やっぱり王道!ティファニー

「初めてジュエリーを持つなら、やっぱりティファニーが良い!」という人も多いのではないでしょうか。そんな王道たるブランドティファニーでイチ押しの人気アイテムといえば、一粒ダイヤのネックレス、『バイ・ザ・ヤード』。シンプルなチェーンネックレスに、フロントは光り輝くダイヤが一粒。飽きのこないデザインは5年後も10年後も身につけ続けられますよね。

デザイナーのエルサ・ペレッティは、身につける人の年代に合わせてチェーンの長さやダイヤの大きさを変化させられるように…という使う人が長く愛せるように考案したとのこと。

一時期、このバイザヤードを身につけると恋が叶うというジンクスがブームになりましたよね♡その効果はさておき、最初のスキンジュエリーとして手にするなら、やっぱりティファニー!

Tiffany & Co.さん(@tiffanyandco)がシェアした投稿 -

洗練さが際立つ、カルティエ

カルティエの一粒ダイヤシリーズの『ディアマンレジェ』は、ティファニーのバイザヤードとデザイン自体が少し似ています。だからこそ、ティファニーのバイザヤードか、カルティエのディアマンレジェか…でかなり悩む方もいらっしゃいますよね。ううむ、究極の選択です。

個人的に言えば、ティファニーのバイザヤードは大人可愛いフェミニン派、カルティエのディアマンレジェはキリリとクールなキレイめ派の女性に似合うといった印象。滑らかで繊細、柔らかいというよりは、ピリっと辛さもあって都会的。

求める女性像に合わせて選んでみても良いのかもしれません。ちなみにディアマンレジェはチェーンがシャープで発色が良く、動くたびにキラリと光るので、ダイヤだけでなくデコルテライン全体が煌びやかになります。

普段づかいには、ヴァンドーム青山

ジュエリーに高い価格は出せないけれど、品質の良い、普段よりちょっと高価なジュエリーが欲しいというときは、やはりヴァンドーム青山の『一粒ダイヤネックレス』。ティファニーやカルティエはサークル形の台座に対し、ヴァンドーム青山の一粒ダイヤは爪型なのでダイヤの輝きがよりダイレクトに表現されます

ダイヤそのものにこだわるというより、品質の良いジュエリーを気兼ねなく普段使いしたい!という方は、ヴァンドーム青山の一粒ダイヤは何よりオススメです。気品があって、エレガンス。そして主張が強すぎるほどの大きさではないので、単体はもちろん重ね付けしても品の良さが出てきますよ。

スキンジュエリーを手にしよう

流行に左右されず、自分を大きく着飾ることもなく。
永遠に身に付けていられるジュエリーを手にすることは、私達にとって永遠の味方を手にするようなもの。これさえ、あれば私は自信に満ちあふれていられる!…そんなアナタにとってのベストなジュエリーをぜひ、手に入れていきましょう。

執筆者:
角 侑子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

女磨きカテゴリから探す