玄米の嬉しい魅力 玄米の嬉しい魅力

玄米の嬉しい魅力

2015.10.27 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
最近ダイエット法として、糖質制限や糖質カットなどが流行っていますよね。糖質制限をしていると、お米はNG食となってしまいます。しかし、やはりお米は食べたい~という方におすすめなのが「玄米」です。「玄米」は、白米と比べて、血糖値をあげてしまうGI値が低いので、糖質制限をしている方におすすめなのです。さらに玄米にはそれだけでなく、嬉しい魅力がたくさんあります。そんな玄米の魅力をお伝えしていきたいと思います。

玄米と白米の違い

「玄米」は、籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)だけを取り除いたお米のことです。そこから、さらに糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除き、胚乳(はいにゅう)のみに精米したお米が白米となります。

精米の段階で落とされてしまう「ぬか」と「胚芽」の部分に、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいるので、「玄米」の方が、すぐれた栄養素があると言われています。

玄米のすぐれた効果

「玄米」には、多くの栄養素を含むだけでなく、嬉しい効果がたくさんあります。

【デトックス効果】
「玄米」に多く含まれる「フィチン酸」は、水銀やカドニウムなどの公害汚染物質、食品添加物、農薬などの毒素を絡みこんで体外に排泄してくれる、デトックス効果があるのです。汗や排泄など、様々なデトックス方法がありますが、75%は排泄によるものです。

【便秘解消効果】
「玄米」の食物繊維は白米の約8倍もあると言われています。食物繊維は、便秘を解消すると同時に、体内の余分なコレステロールや糖分など、腸内の老廃物を排出してくれます。便秘では、せっかくのデトックス効果も軽減されてしまいますが、フィチン酸との相乗効果も抜群です。

【美肌・エイジング効果】
「玄米」には、ビタミンB1、ビタミンB2やビタミンEなど、美肌・エイジング効果に嬉しい成分も含まれています。また、抗酸化効果もあるため、活性酸素を抑え身体やお肌を錆びつかせるのも防いでくれます。

【血糖値をあげにくい】
先ほどもお話ししましたが、「玄米」は、GI値が低くく、血糖値の上昇が緩やかで、脂肪がつきにくい炭水化物です。そのため、ダイエットにもおすすめなのです。

玄米のイメージ

玄米摂取の注意点

そんな嬉しい効果の多い「玄米」ですが、摂取にいくつかの注意点があります。

【無農薬を選ぶ】
残留農薬がぬかの部分に多く残るために、無農薬を選ぶようにしましょう。

【消化が悪いため、良く噛む】
白米に比べて、消化が悪いため、良く噛み、胃腸が弱っているときには、控える方が良いでしょう。

【ミネラルの摂取】
有害物質のデトックスとともに、体内のミネラルも一緒に排出されてしまうこともあるため、玄米を摂取する場合は、玄米自体にミネラルも含みますが、同時に摂取すると良いでしょう。

いかがでしたか?嬉しい魅力がたくさんの「玄米」です。食欲の秋真っ只中、白米から「玄米」に替えて、美味しく栄養を摂取するのもおすすめですよ。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

株式会社ラ・シブヤ・アネラ代表取締役。美容薬学検定1級/ホリスティックビューティーアドバイザー。美容業界一筋17年での様…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる