水泳 ダイエット 消費カロリー 水泳 ダイエット 消費カロリー
画像出典: fotolia

水泳の消費カロリーはどのくらい?正しい水泳方法で体を引き締める

ボディセラピストとして活動しています。多くの方に携わらせて頂いた経験を元にアドバイスをさせて頂けたらと思います。
2019年06月05日
水中では陸と比べ、運動量が2~3倍になりダイエットに効果的と言われています。水泳をした場合、消費カロリーはどのくらいになるのでしょうか。ボディセラピストのhrhs629先生に、消費カロリーと正しい運動の方法などを伺いました。

ダイエットに水泳が良い理由とは?

水泳 ダイエット
画像出典: istock

浮力
水中では浮力によって、自分の体重が約1/6になると言われています。日頃の運動だと体重そのものが身体に負荷をかけますが、水中で運動を行う事で余計な負荷を与えることなく運動を行えます

水圧
水中で身体を動かすと思うように動かす事が出来ないと感じたことはありませんか?水中では陸で動くときの2~3倍の負荷が掛かり、スピードも1/2~1/3になります

日頃行なっているウォーキングを水中で同じように行えば運動量も2~3倍となり、時間も短縮しながら運動することができます

温度
場所にもよりますが、プールの水中温度は30℃前後と言われています。体温よりも低い温度で運動を行うと、身体を冷やさぬように身体が働くため、基礎代謝量が上がっていきます

これらの事を考えて水泳はダイエットにお勧めです。

泳ぎ方と消費カロリー

ダイエット 体重計
画像出典: fotolia

消費カロリーはMETsで計算
水泳では多くの泳ぎ方がありますが、身体の使い方がそれぞれ異なりますので、泳ぎ方によって消費カロリーも違います

カロリー計算にはMETs(メッツ)と言われる運動を数値化したもの使い、以下の計算式に当てはめて消費カロリーを出すことができます。

1.05 × 時間 × 体重(kg) × METs = 消費カロリー

泳ぎ方&水中歩行別METs
クロール(遅い):8.0
クロール(速い):11.0
平泳ぎ:10.0
背泳ぎ:7.0
バタフライ:11.0
水中歩行(遅い):4.0
水中歩行(速い):10.0

【例:体重55kgの方が1時間行った場合】
クロール(遅い):1.05×1×55×8.0=462 462cal
クロール(速い):1.05×1×55×11.0=635.25 635.25cal
平泳ぎ:1.05×1×55×10.0=577.5 577.5cal
背泳ぎ:1.05×1×55×7.0=404.25 404.25cal
バタフライ:1.05×1×55×11.0=635.25 635.25cal
水中歩行(遅い):1.05×1×55×4.0=231 231cal
水中歩行(速い):1.05×1×55×10.0=577.5 577.5cal

関連記事
縄跳びダイエットの消費カロリーは?効果的なやり方を専門家が伝授!

ダイエットに効果的な水泳時間

効果的な水泳時間
画像出典: fotolia

ダイエットに取り入れる時間としては30分~1時間が理想です。

水中で1時間運動すると、陸では2時間~3時間運動していたのと同等になります。まずは、身体に負荷を掛けすぎず、気長に続けられる範囲として30分~1時間をお勧めします。

消費カロリーを高めるために意識すること

水泳のストレッチ
画像出典: fotolia

ストレッチ
水泳に限らず、運動の前後には必ずストレッチが必要です。ストレッチは首から足まで、前後左右に全身のストレッチを行いましょう

食事
水中で身体に大きな負荷が掛かるため、胃や腸に食事が溜まりすぎてもダメですし、エネルギーが不足していると動くこともできません

消化には3~4時間かかるのでそれを考慮した食事や、消化の良い物を食べるようにしましょう。

泳ぎ方
正確な泳ぎ方をしない場合、身体に無駄な負荷を与えるだけになります。上述したMETsは、無理なく正確に泳ぐことが出来た場合の数値です。自己流の負荷の大きい泳ぎを行えば、せっかくの努力も水の泡かもしれません。

正しい水泳方法で美Bodyを手に入れよう

身体に負担を掛けない水泳
画像出典: fotolia

水中での運動は陸での運動に比べて効果的ですが、身体に掛かる負担も大きいです。

水泳をする際には、正しい泳ぎ方を意識しながら、無理のない運動を心がけて美Bodyを手に入れましょう!

執筆者:
hrhs629