夏のダイエット|食事編 夏のダイエット|食事編
画像出典: fotolia

本気の夏ダイエット!成功のカギは「食事管理」なんです

2018年08月18日
夏のダイエットは意外と過酷。食事が少なすぎれば体力がもちませんし、食べすぎれば太ってしまいます。食を通して代謝を高め、健康的にやせるために意識したいことをご紹介します。

冷たいものを取りすぎない

内臓を冷やすことは、代謝を低下させる大きな要因。暑さに負けてアイスやかき氷、冷麺などの冷たい食べ物ばかりをとっていると、体内が冷え低代謝を招くので注意しましょう。

豚汁や野菜スープ、温かいおかずなどで内臓を温める食事を。できる限り食事は“火を通したもの”を取り入れるようにしましょう。

ダイエット、冷たい物
画像出典: fotolia

スイーツなら水分の多い果物がおすすめ!

スイカや桃、ぶどうなど、水分量の多い果物はカロリーが低め。ビタミン・ミネラルが豊富なため代謝を高めるのにも役立ちます。どうしても甘いものが欲しくなったら、糖質・脂質の多いアイスやチョコレートよりもフルーツをチョイスしましょう。

どうしてもアイスが食べたい…! という場合は、フルーツを凍らせるのもおすすめ。食べるなら、昼間に間食で、にしましょう。食べ過ぎはカロリーォーバーのもとですし、体内を冷やすので要注意。

ダイエット、スイーツ、チョコレート
画像出典: fotolia

たんぱく質をしっかり摂る

夏はあっさりとそうめんなどの糖質中心の食事で済ませがち。体力が必要な夏こそ、肉や魚、卵、豆類、乳製品などのたんぱく質が豊富な食品を取り入れましょう。

運動によるエネルギー消費は、筋肉のはたらきでおこなわれます。筋肉は、体脂肪を燃焼させるためにも、代謝を高めるためにも不可欠ですが、大人になってからは老化・減少する一方。食事内容を整えてしっかり維持したいですね。

夏ダイエットの成功は、食事管理が鍵を握っていると言っても過言ではありません。放っておけば気力や体力を奪われてしまう夏こそ、しっかり栄養を摂取してエネルギッシュな状態に整えましょう。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数