サブスプリクション(月額課金)制なら、今の恋人に課金する? サブスプリクション(月額課金)制なら、今の恋人に課金する?
画像出典: fotolia

もしも恋愛が有料だったら・・・。今の恋人に課金する?

2018年08月13日
想像してみてください。もしもあなたの恋人との関係が、月額課金制、つまり最近流行りの「サブスプリクション制」を取り入れていたなら、どうでしょうか? いまの恋人と、今月も関係を続けていたいと思いますか? 今日は、あらためてあなたの今の関係が、本当に心から望むものであるかを考えるきっかけを提供いたします。

あなたは恋人との時間に、いくらまで出せる?

こんにちは、今井翔です。突然ですが、あなたはもしも恋人関係が、月額課金制度、つまり「サブスプリクション制」だとしたらどうでしょうか? 今の恋人との関係を続けるのであれば、継続的にあなたのクレジットカードに、一定量の料金が毎月課金されるとすればどうでしょうか?

また、もしも「課金してもOK」と感じるのであれば、毎月いくらまでなら課金しても良いと感じるでしょうか?

お金とクレジットカードのイメージ
画像出典: fotolia

これらの質問は、あなたに今の恋人関係が「本当に望むものなのかどうか?」ということについての答えを明確にしてくれます。惰性で続けていた関係を清算するのに、役立つことでしょう。

またこの質問に逆の立場から答えてみようとすると、面白いかもしれません。つまり、あなたの恋人から見て、あなたはいくらまで課金してもペイできるか?と考えるのです

あなた自身のことも考えてみよう

もちろん、人間関係は簡単に料金化ができるものではないと思います。しかし、明確に数字として表現してみることは、決して無駄にはならいでしょう。

もしもあなた自身の月額利用料が、相手の立場から見て低そうだと思ったら。じつはそれは非常に、チャンスとも言えます。

彼氏に冷たい態度をされている女性のイメージ
画像出典: fotolia

あなたの月額利用料が低いと感じるのであれば、高める努力をすれば良いのです。もちろんこれは、誰かと比較してということではありません。本来の自分の価値よりも低い料金を相手に認識されていると思うのであれば、唯一無二のあなたの価値を相手にアピールすべきなのです。そうした重要な示唆を感じるのに、自分自身の価値がいくらか?を問うことは非常に役立つと言えるでしょう。

もしも、価値を感じられない場合はどうするべきか?

あなたの人生の時間は、有限です。人間関係に費やせる時間もまた、有限と言えます。

私たちはもっと、人間関係に対して自らが費やす時間に対して、慎重になる方が良いかもしれません。ともすれば、「この人との時間には1円も費やせないな」と思う人と、つい油断して時間を取ってしまうことがあります。

恋人関係もまた同様に、「あまりこの人との時間にはもう価値を感じない」と思っていたとしても、ずるずると関係を続けてしまいがちです。

そうした『マイルドなネガティブさを感じる関係』に今回のような質問を投げかけることにより、本当にあなたが望む関係にスポットを当てることができます。

短期的には痛みを伴いますが、長期的に見れば関係を清算することは、きっとあなたの人生を豊かにするはずです。

幸せなカップルのイメージ
画像出典: fotolia

「この人との時間に、もっと私の人生を費やしたい」

そう心から思える関係を、ぜひ見つけてください。その人との関係は、きっとサブスプリクションというよりも、一括購入をしたい!と思えることでしょう。

執筆者:
今井 翔

LINE@で美LAB.を

友だち追加数