「どうせ俺なんて……」自尊心の低い彼とうまく付き合うための方法 「どうせ俺なんて……」自尊心の低い彼とうまく付き合うための方法
画像出典: fotolia

「どうせ俺なんて・・・」自尊心の低い彼とうまく付き合うための方法

2018年06月22日
「どうせ俺なんて……」と自分ばかりを責め、何をしても後ろ向きの考えが頭をよぎる。そんな自尊心の低い男性との交際では、彼女である女性が悩まされることも多々あるでしょう。では、自尊心の低い彼とうまく付き合っていくためには、どのような心がけが必要になるのでしょうか。

黙りこんだら話せる状況をつくってあげる

そもそも、自尊心の低い男性は、無意識のうちに「自分は他人に受け入れてもらえない」と思い込んでいる可能性が高くあります。そのため、嫌なことや納得のいかないことがあっても、「どうせ言ってもわかってもらえない」と気持ちを口に出さずに黙り込み、心の中で不満をつのらせてしまうのです。

そんな状態の彼に対し、「言いたいことがあるならはっきり言ってよ」と問い詰めるのは逆効果。

もし、彼が不満をつのらせ黙り込んでしまったときは、まず、心の中で自分の気持ちを整理できる時間をとってあげましょう。そして、「ゆっくりで良いから気持ちを話してみて」と彼が話し出せるようにうながしてあげるのです。

ゆっくりと考える時間を与えられ、彼女から優しく問いかけられると、彼も徐々に本当の気持ちを口に出せるようになります。そのように不満をため込ませず、最後まで話し合うことが、自尊心の低い彼とうまく付き合うための秘訣でもあるのです。

黙りこんだら話せる状況をつくる
画像出典: fotolia

大げさなほどの愛情を伝える

自尊心の低い男性の中には、「どうせ」「だって」が口癖となっている人も多くいます。きっと、人間関係においても「どうせ自分は愛されていない」「自分なんて必要とされていない」と思い込んでいる場合も珍しくはないのでは?

そんな自分の存在に自信が持てない彼との付き合いでは、大げさかもと思うくらい愛情を伝えてあげることが効果的なのです。

そこで、彼に対しては「頼りになる」「あなたしかいない」と自尊心を高める言葉をこまめにかけてあげたり、たとえ小さな成功でも自分のことのように喜び、彼を褒めたりしてあげましょう。

そのように彼女であるあなたから愛されているという実感がわくと、彼も徐々に自分に自信が持てるようになります。それが自分自身を愛せるきっかけになり、自尊心を高めることにもつながるのです。

大げさなほどの愛情を伝える
画像出典: fotolia

彼の気持ちに寄り添う姿勢を見せよう

何に対しても自信が持てず、他人からの好意も素直に受け取れない、自尊心の低い男性。そんなタイプの彼との付き合いでは、ゆっくりと距離を縮めつつ、彼の気持ちに寄り添ってあげることが大切です。

そして、彼女であるあなたから「愛されている」という実感が持てれば、自然と彼の自尊心もこれまで以上に高まります。後ろ向きの発言や行動だって減っていくのではないでしょうか。

執筆者:
LISA

LINE@で美LAB.を

友だち追加数