スクワットを習慣化する「最適な頻度」って? スクワットを習慣化する「最適な頻度」って?
画像出典: fotolia

毎日続けられる!スクワットを習慣化する「最適な頻度」

2017年11月05日
スクワットアドバイザーの小川りょうです。スクワットは、ただ時短というだけでなく非常に効率的で、メタボ対策や運動不足解消、ダイエットやボディメイクになりますが、実は将来の足腰の衰え防止にもしっかり役立っているのです。美脚作りしながら、将来にむけ今からスタート!・・・ところで、スクワットをずーっと続ける為の最適な頻度って一体どれくらいでしょう?

一般的な運動習慣の基準

よく、調査やアンケートなどに「運動習慣は?」という項目や質問を目にしますが、一体何を基準にしているのでしょうか?

スクワットに限らず一般的には、「運動習慣とは、1回30分、週2回以上で1年以上継続している事」(厚生労働省 国民健康・栄養調査より)を言います。

スクワットを習慣化するには

では、30分間ずっとスクワットをしなければならないかというと、もちろんそうではありません。

スクワットは体幹から下肢の筋肉にかけ、一気に多くの筋肉を動員する非常に効率的な筋力運動であり、運動強度自体高いです。スクワットだけを30分間実施する必要はありません。ほんの数分で十分です。

画像出典: fotolia

ズバリどれくらい?オススメの頻度

週2~3回です。1セット15回ずつ、これを1から3セット行います。あるいは、1セットだけ行う場合は、基本的に毎日行うことをお勧めします。

自重は比較的過大な負荷がかかりにくく、怪我をしにくいというメリットがあり、それほど重い負荷がかけられないためです。

何より長く継続できる事が一番です。

例えば早歩きウォーキング、あるいは腕立て伏せ、腹筋・背筋などお金をかけなくても通勤時、自宅等でできるエクササイズが色々ありますので、そういったものと組み合わせてトータル30分できると非常に生活がアクティブになりますね。

腕立て伏せ
画像出典: fotolia

※あくまで健康寿命延伸、一般的な健康・美容目的のスクワットにおいて、老若男女、初心者・経験者が実施・継続可能な設定としました。

執筆者:
小川 りょう

LINE@で美LAB.を

友だち追加数