たくましい脚とおさらばできる?正しい姿勢で座る・立つ・歩くための体幹意識エクササイズ! たくましい脚とおさらばできる?正しい姿勢で座る・立つ・歩くための体幹意識エクササイズ!
画像出典: fotolia

たくましい脚とおさらば!正しい姿勢がわかる体幹意識エクササイズ

2017年08月26日
こんにちは、コラムニストの愛子です。脚が太くなる原因の1つが、体幹を使えていないことだと、何度かお伝えしてきました。今日は「そう言われても体幹を使うって、どんな感じかいまいちわからない」という方のために、体幹を意識しやすくするエクササイズをご紹介します。

片足立ちエクササイズ

(1)姿勢を正して立ちます。横から見たときに、頭、肩、膝、踝のラインが一直線になるようにしましょう。肩や首の力を緩め、リラックスします。

(2)息を吸いながら太ももが床と平行になるところまで片足を持ち上げましょう。30秒ほどキープします。※ポイント参照

(3)息を吐きながら上げている足を下ろし、(1)の状態へ戻ります。足裏を床に戻すときに、お腹から上半身がぐんと天井の方へ伸びる感覚を味わってください。

(4)反対側も行います。

(5)両脚で立ち、エクササイズ前の体の状態と比べてみましょう。きっとエクササイズを行う前より、体の軸を意識しやすくなり安定感が増しているはずです。

片足立ちエクササイズ
画像出典: fotolia

~ポイント~
・軸足から頭まで、体が1本のライン上にあることを意識しましょう。
・軸足は下へ、頭頂部は上へ、体を上下に引っ張り合いっこするようなイメージを持ちましょう。
・体がぐらぐらしなように、お腹を引き締めバランスを取りましょう。

繰り返し行うことでこの感覚が定着し、立ったリ歩いたりしているときも体の軸をしっかり感じられるようになります。

「意識→鍛える」の繰り返しが体を変える!

これまで、いくつか体幹を鍛えるヨガのポーズやエクササイズをご紹介してきましたが、ただ闇雲にそれらを行っても効果は出にくいでしょう。

どこを使うのかを意識しなければ、いくら筋肉が発達しても、体の使い方はなかなか変わらないからです。

体幹を鍛えるポーズをとったり、エクササイズを行ったりしても、いまいちピンと来なかったという方は、ぜひ今日ご紹介したエクササイズをやってみてください。体の軸を意識することができれば、今までは効果を実感できなかったエクササイズも役立つようになると思います。

しかし反対に、いくら意識をしても筋力が弱ければ上手く使えない場合もあります。「意識→鍛える」の繰り返しが、体を変えていくということを覚えておいてくださいね。

脚のイメージ
画像出典: fotolia

直接「脚」をケアすることもお忘れなく!

美脚を目指すなら、体幹を鍛え姿勢や歩き方を変えつつ、脚そのものにアプローチすることも大切です。凝り固まった筋肉をほぐし、老廃物を流してから眠りに就くことは必須。

さっとでもいいので湯船に浸かり、お風呂上りには軽く脚のマッサージをする習慣をつけましょう!

「ガチガチに固まったたくましい脚をなんとかしたい!」という方は、「体幹エクササイズ+下半身のケア」をセットで行ってみてください。

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい