女性の美しい脚 女性の美しい脚
画像出典: istock

美脚への鍵はアキレス腱!引き締まったふくらはぎをゲット

ボディセラピストとして活動しています。多くの方に携わらせて頂いた経験を元にアドバイスをさせて頂けたらと思います。
2019年11月08日
普段あまり意識することのないアキレス腱ですが、実は、美脚を手に入れられるか否かに大きく関わる重要な部位なのです。今回はアキレス腱の働きや、きちんと機能している・機能していない脚のそれぞれの特徴、また簡単なトレーニング方法について解説いたします。

アキレス腱の働き

3人の女性の足首
画像出典: istock

アキレス腱とは足首の後ろにある筋張っている腱のことを言います。かかとから付いており、ふくらはぎの筋肉へと変わるものです。このアキレス腱の働きとしてはふくらはぎを細くスッキリさせる働きがあると考えます。アキレス腱はふくらはぎの筋肉の活動を補助し、歩く際や走る際の荷重の分散を行っています。

このアキレス腱の働きが積極的であるとふくらはぎの働きも同じく積極的になりますので、メリハリのある脚にするためにはアキレス腱は非常に重要です。

きれいな脚にはアキレス腱が必要

ベッドに腰をかける女性の綺麗な脚
画像出典: istock

きれいな脚を目指すには、アキレス腱は重要です。このアキレス腱がしっかりと働いているということは、全身の血流が良いということに繋がります。ですので、足首周りの効果だけでなく、脚全体の効果へと繋がっていきます。

アキレス腱はふくらはぎの筋肉のつなぎ目となります。このふくらはぎの筋肉は第2の心臓と呼ばれ、この第2の心臓が働くことにより、全身に血液が循環しています。そのことにより、栄養素を送り、老廃物を流し、むくみの改善やトレーニング効果が出てきますので、アキレス腱はきれいな脚を目指すにはとても重要です。

アキレス腱がうまく機能していない場合

鏡で脚をチェックしている様子
画像出典: istock

下半身が太る

これは筋肉が上手く機能していないので、脚に皮下脂肪が付きやすくなっている状態のためです。アキレス腱が働いているということは、ふくらはぎの筋肉も上手く働いています。アキレス腱のみが単独で動くことなど決してありません。

ですので、アキレス腱が働いていない→ふくらはぎが働いていない→脚全体が働いていない→脚全体の筋力不足となり下半身が太りやすくなるということになります。

むくみが目立つ

これはふくらはぎの筋肉が第2の心臓と呼ばれることに繋がります。第2の心臓として働くメインの役割は、静脈の流れを上げて老廃物を心臓に向かって送り返すということを行っています。むくんでいる状態ということは老廃物が流れきらず、そこで滞留している状態であります。

ですので、アキレス腱が機能していないと第2の心臓としての役割は果たせず、老廃物を送り返す作業も出来ないので、むくみの目立つ脚となってしまいます。

アキレス腱がしっかり機能している脚

ハイヒールをはいて階段を上る足元
画像出典: istock

ふくらはぎが細い

アキレス腱が働くということは、ふくらはぎもしっかりと働いているということです。筋肉は鍛え方を変えれば大きくなることはありません。重りなどを使わずに、また有酸素運動を中心に「歩く」や「走る」など行うと脚の筋肉が頻繁に活動しているだけになるので、大きくなることはありません。マラソン選手が体が細いのはその理由です。

ですので、ふくらはぎを意識してよく歩いたり、走ったりするとアキレス腱も機能し、細いふくらはぎへとなることが出来ます。

むくみが目立たない

これは上述した通りの理由になります。アキレス腱が上手く機能していると老廃物を流すという活動が高まっているということなので、皮膚もむくみ成分を溜めて置く必要はありません。ですので綺麗に流れていきます。

肌のつやが良い

これはむくみの内容と繋がります。老廃物を流すことが出来るということは、新陳代謝も上手くいっているということになります。そうすると肌のターンオーバーも効率の良い物になるので綺麗な脚と肌になることが期待できるのです。

アキレス腱をしっかり機能させるためのトレーニング

並んで爪先立ちをする様子
画像出典: istock

アキレス腱のトレーニング方法としては、ふくらはぎのトレーニングを行うことになります。やり方としては「つま先立ち」を行うのですが、これを「膝を伸ばす形」と「膝を曲げる形」で行います。ふくらはぎの筋肉は2種類あり、この2つを行うとそれぞれを鍛えられるので効果的です。

<やり方>
最初に、膝を伸ばす形でのつま先立ちですが、壁などに手をついてつま先立ちを行ってください。アキレス腱・ふくらはぎにしっかりと負荷がかかるように体のバランスを取ることを意識してください。つま先立ちから下に降りるときはゆっくりと降りてきてください。かかとは床に着いて大丈夫です。

続いて、膝を曲げる形のつま先立ちですが、椅子に座って行います。この際はバランスはしっかりと取れているので気にしなくていいです。両方ともしっかりとつま先立ちをやり切って、一時停止してください。その後にゆっくりと下ろしてきてください。これを30回行ってください。

行う時間帯は日中が良いでしょう。日中は体温が高い状態ですので、血液の流れもよく、効果の高い時間帯です。

トレーニングで効果を実感できるまでの期間

爪先立ちの足元
画像出典: istock

実感できるのは、3週間程だと考えます。肌のターンオーバーですと1ヵ月半程です。筋肉の質が良くなるは3週間ほどですが、むくみの具合は比較的2~3日後に効果は出てきます

ふくらはぎの細さやきれいな脚となると皮下脂肪の減少を期待しないといけませんので、それぐらいの時間が必要ですが、むくみは体内の水分の循環の問題ですので、血液の流れる環境を作っておくと効果はすぐです。ですので、3日置きや1週間置きに気になる部位の測定をしながら3週間後を過ごしてみるのもいいかもしれません。

アキレス腱が美脚への分かれ道

ビーチを歩く足元
画像出典: istock

アキレス腱がしっかりと機能していないと、美脚への道は閉ざされてしまいます。むくみのない引き締まったふくらはぎを目指すなら、アキレス腱のトレーニングが大切。場所を選ばずに簡単にできるので、隙間時間に「つま先立ち」を行う癖をつけるのも良いかもしれません。

執筆者:
肥後晴久