必見!!美Bodyラインをつくる食事法 必見!!美Bodyラインをつくる食事法
画像出典: fotolia

しなやか美Bodyラインをつくる「ビューティーフード」

2018年03月09日
こんにちは。ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は、しなやかなカラダをつくるためにおすすめしている食事法をご紹介いたします。

冬の間にため込んだ脂肪を春までにスッキリ

冬の寒い間は、動物たちもそうですが私たちも脂肪を蓄積していきます。寒さをしのぐためには必要なので仕方ないですが、もうすぐ春。コートを脱ぐ季節が来る前に、しっかりBodyラインを整えておきたいですよね。

今回は、しっかり食べて出るところは出て、くびれのある綺麗なカラダをつくための食事をお伝えします。

しなやかなカラダ
画像出典: fotolia

しなやかな女性らしいBodyを目指そう

太らない食事=糖質制限することではありません。やせすぎも女性らしいカラダからは遠ざかってしまいます。必要な栄養素はしっかり摂取しながらも、代謝を促す食事をすること。そのためには、代謝を上げて、冷えを改善し、腸内環境を整えることが必要です。

炭水化物を燃焼させるためには、ビタミンやミネラルが必須です。そのバランスを保ってくれる黄金比率の食材は玄米。精白された穀物ではなく、皮ごと丸ごと食べることを意識して食事をすること。それが代謝を促す効果が期待できる食事だと考えます。

また、皮ごと丸ごといただくと食物繊維も豊富です。便秘改善に導きますし、腸内細菌の餌になるのは食物繊維。しっかり水溶性、不溶性、両方の食物繊維をとって、体の老廃物を排泄してしまいましょう。

玄米
画像出典: fotolia

タンパク質の重要性

良い細胞をつくるには、良質なタンパク質はとても大事です。タンパク質には動物性、植物性ありますが、女性にオススメなのは植物性のプロテインです。

脂肪分が多い動物性のお肉などは、体への吸収が良いですが、消化をするための負担が大きくなってしまいがち。それに比べて植物性のタンパク質は消化の負担が少ない上に、しなやかな体をつくるためにはおすすめの食材です。

スポーツされる方がよくおこなっている、鳥のササミなどを食べる食事法は硬い筋肉をつくるためには有効。でも、女性らしいしなやかなBodyにはあまりおすすめしておりません。

食べたもので体は作られていますから、食べ物の持つ性質は、そのまま私たちの体に反映されます。お肉は外食でのごちそう、ハレの日の食事、1週間に1度くらいと決めて、ケの日には、豆や大豆勢品などの植物性タンパク質を日頃から摂取してみてはいかがでしょうか?それにより見た目もカラダも女性らしさを作り上げていくのではないかと考えています。

ストイックになるのではなく、無理のない範囲で食生活を変えてみることが理想ですね。

執筆者:
室谷 真由美

LINE@で美LAB.を

友だち追加数