実践!健康づくりウォーキング~効果編~ 実践!健康づくりウォーキング~効果編~
画像出典: fotolia

実践!健康づくり「ウォーキング」のメリット

2018年03月12日
歩きましょう、歩きましょうとメディアなどでしきりに言われていますね。漠然と「体にいい」ってことは分かっているけれど、一体どんな効果があるのでしょうか。そこで、現代人の健康づくりに欠かせない有酸素運動としての「エクササイズウォーキング」のメリットについて取り上げます。

ウォーキングにはこんなメリットが!

全身持久力がつき、運動器が刺激され強くなります。また、余分な脂肪を燃やしたり、心臓や肺機能も丈夫になり、心身共に粘り強くバテにくい体になります。

ケガ・病気の予防やココロがリフレッシュされるため、メンタルヘルスに良いことも分かっています。

ウォーキングのメリット
画像出典: fotolia

ウォーキングで期待できる効果

脳を活性化する・・・大量の酸素が脳に送られ、脳の働きが活発になります。また、気分もはつらつとして表情も明るくなります。

良い睡眠がとれる・・・人はもともと明るい時に活動し、日暮れとともに休むというサイクルが備わっています。不眠気味の方は、日中に体力を消耗させると肉体疲労を起こし、夜よく眠れるようになります。

食事がおいしい・・・体を動かせばお腹が空きますので、ご飯が美味しくなります。

心肺機能の向上・・・心臓や肺を刺激して機能を強くし、ばてにくくなります。

体力がつく・・・ばてにくく、疲れづらい体づくりに役立ちます。

精神が安定しストレスが解消される・・・軽く散歩するだけでも、何だか気分が改善するのは誰もが感じることでしょう。最初はおっくうに感じていても、後のスッキリ間や爽快感が精神状態を良くしてくれます。

生活習慣病を予防・改善する・・・体内に酸素を十分に送り込みながら、血液を全身にめぐらせて血・血管をキレイに導きます。また、脂肪を燃やしたり血管の老廃物の除去を促進させたり、血圧が下がる、内臓脂肪が燃えるなどの効果が期待できます。

ウォーキングの効果
画像出典: fotolia

心身共に鍛えられるため、自分に自信がつきます。日常にウォーキングを取り入れアクティブな毎日を!

執筆者:
小川 りょう

LINE@で美LAB.を

友だち追加数