自転車こぎで骨盤の歪み&下半身のむくみを同時に解決! 自転車こぎで骨盤の歪み&下半身のむくみを同時に解決!
画像出典: fotolia

骨盤の歪み&下半身のむくみを同時に解決!自転車こぎエクササイズ

2017年11月15日
こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。自転車こぎのエクササイズで、骨盤の歪みと下半身のむくみをすっきりさせていきます。股関節周りの可動域がアップすると同時に、足が軽くなり、階段の上り下りも楽になりますよ。

股関節は動かさないと可動域が悪くなり、血流も悪くなりむくみや冷えにつながり、悪循環となります。どんどん動かしてすっきりしなやかな脚にしていきましょう。早速エクササイズにチャレンジ!

1.スタートポジション

膝立ちで座り、両肘を背中の後ろに置き、両肘は体の横にセットします。手のひらは下向きです。上半身を後ろに倒し、左右の肩甲骨を中心に寄せ、両肘で身体を支えます。

顎は軽く引き、首の後ろを長く引き伸ばします。お腹は背中の方に引き寄せて準備します。

スタートポジション
画像出典: 美LAB.

2.両足を持ち上げます

息を吸って、背骨を引き伸ばし、吐きながら右膝を床と並行まで持ち上げます。同様に左膝も床と並行まで持ち上げ、両足をそろえます。

お腹を背中の方に引き寄せ、骨盤を安定させます。

両足を持ち上げます
画像出典: 美LAB.

3.自転車こぎをします

息を2回吸い、2回吐きます。右脚を伸ばし、左脚は胸に近づけ、自転車こぎのように両足を交互に動かします。このときに、太ももの裏側ハムストリングを使います。

両膝が体からはみ出ないように、右膝は右胸、左膝は左胸に近づけるように、股関節をしっかり動かします。

10回行ったら、リバースで同様に10回行います。さらにもう一度10回行います。

自転車こぎをします
画像出典: 美LAB.

4.注意点

背中が丸まりやすいので、首の後ろを伸ばし、背骨を引き伸ばします。足の動きは、股関節から大きく動かします。

エクササイズ中、お腹は背中の方に引き寄せておきましょう。

腰が反りやすいので気を付けます。

執筆者:
太田 律子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい