冷えに負けない燃焼ボディに!焼き〇〇で美ボディ&美肌をGET! 冷えに負けない燃焼ボディに!焼き〇〇で美ボディ&美肌をGET!
画像出典: fotolia

冷えに負けない!「焼き〇〇〇」で美ボディ&美肌をGET!

2017年03月08日
まだまだ寒さが厳しい毎日が続いていますが、手足や足先が冷えきっていませんか?「冷え」=「体液循環の滞り」。代謝に必要な栄養素が行き渡らず、老廃物がスムーズに排出されない状態です。そんな冬には、温活を。冷えによる低代謝や便秘、むくみ、肌荒れを改善するために取り入れたい“ホカホカ焼き料理”をご紹介します。

焼きみかん

ホクホクの甘〜いみかんを食べたことがありますか?ビタミンCがたっぷりのみかんには、免疫力を高めて冬の不調を防ぐ効果が期待できます。また、「ヘスペリジン」という成分には血管を拡張して血液がスムーズに流れるようにする効果が期待でき、冷えの予防・改善にも役立ちます。

作り方は簡単!オーブントースターに皮ごと入れ、焦げ目がつくまで5分ほど焼きます。さらに、ひっくり返してもう5分。全体に焼き色がつけば完成です。みかんの大きさによって焼き時間が異なりますので、様子をみて取り出してください。

みかんのイメージ
画像出典: fotolia

焼きバナナ

便秘の予防・改善効果が期待できるのがバナナ。「夏にはよく食べるけれど、冷たいバナナを冬に食べる気になれない……」という方も多いのではないでしょうか。

実はバナナも温めることで甘くなり、冬でも食べやすくなります。食べやすい大きさにカットしたバナナを電子レンジで温めるか、フライパンで両面1分程度ずつ焼き色がつくまで焼くだけ。見た目がかわいらしいので、デザートとしてだけでなく、おかずに添える副菜としても活用できますよ。

焼きバナナのイメージ
画像出典: fotolia

焼きトマト

抗酸化力の高い「リコピン」が豊富なトマト。肌の老化防止に役立ちます。また、血液をサラサラにして代謝を高める効果も期待でき、ダイエット中にしっかり摂取したい食材。

実は、リコピンは加熱調理することで吸収されやすくなります。そのため、生で食べるよりも煮たり焼いたりして食べることをおすすめします。

トマトスープはもう飽きた!という人には、チーズをのせて焼いた“焼きトマト”がおすすめ。濃厚な味わいのおしゃれな一品に仕上がります。

焼きトマトのイメージ
画像出典: fotolia

冬は食べ物で美活!体内を温めて健康的にし、肌もボディラインも若々しく美しい状態に整えましょう。今すぐできるものばかり。ぜひ、食べてみたいものから実践してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数