我慢せずにダイエット!おやつを食べても太りにくい時間帯って? 我慢せずにダイエット!おやつを食べても太りにくい時間帯って?
画像出典: fotolia

ダイエット中のあなたに朗報♡おやつを食べても太りにくい時間帯があった!

2016年09月05日
こんにちは、コラムニストの愛子です!ダイエット中だからって、食べたいものをいつも我慢するのは辛いですよね。そこで今回は、おやつを食べても太りにくい時間帯と仕組みをご紹介します。

1:BMAL1って何?

私たち人間の体内には、BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質が存在します。体内時計が正常に働くように調整する役割を担っていることから、時計遺伝子とも呼ばれているBMAL1ですが、実はダイエットとも深い繋がりがあるのです。

BMAL1にはもう1つ働きがあって、それは「脂肪を蓄積する」ことなのです。そしてBMAL1の量は常に一定ではなく、時間帯によって変わることが分かっています。

ダイエットのイメージ
画像出典: fotolia

2:おやつを食べるなら14時が最適!

BMAL1が多い時間帯に食べると太りやすく、少ない時間帯に食べると太りにくいのです。そして最もBMAL1の量が少ないと知られているのが14時前後。反対に夜中の2時は最もBMAL1が増える時間帯。2時から14時へ向けて減少し、14時から2時へ向かって増えていくのです。

14時ピッタリでなくても、14時~15時くらいでいいようです。昔から15時のおやつって言いますものね。甘いものや脂っこいものなどは、我慢するのではなくてそれくらいの時間帯に食べるといいかも!

おやつを食べるイメージ
画像出典: fotolia

3:注意点とBMAL1を増やす方法

不規則な生活を送っていると、BMAL1の量が増え、常に太りやすい状態になる可能性があります。ですから生活が乱れている場合は、14時だからと安心して食べると、太ってしまうことも……。

BMAL1を増やすには、太陽の光を浴びるのが1番です! 特に朝日がいいようで、浴びた後も数時間、BMAL1は減ったままの状態が続きます。もし余裕があるなら、朝日を浴びながらウォーキングなんていいのではないでしょうか。

太陽を浴びるイメージ
画像出典: fotolia

いかがでしたか?ダイエット成功の鍵は、我慢するのを止めて、工夫することです。辛いダイエットは卒業して、楽に痩せていきましょう!

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数