ぽっこりしてきたそのお腹。筋トレで引き締めないと手遅れに!? ぽっこりしてきたそのお腹。筋トレで引き締めないと手遅れに!?
画像出典:

ぽっこりしてきたそのお腹。筋トレで引き締めないと手遅れに!?

2016年12月12日

下腹ぽっこりのあなた。手遅れになる前に、今から筋トレを始めて、下腹ぽっこりを解消しましょう。

基礎代謝をあげてみよう

基礎代謝とは、人間が寝ている間にも消費するカロリーのこと。基礎代謝をあげることで、ぽっこりした下腹も改善しが期待できるでしょう。有酸素運動でも基礎代謝をあげることができますから、まずは手軽なウォーキングから始め、その後エクササイズなどに移るとよいでしょう。

負担にならない腹筋運動を

腹筋をいきなりやろうと思っても、筋肉のない人にはなかなかできません。そこで、負荷を軽くした下腹に特化した腹筋運動を行ってみましょう。

まずは床に座り、手を前に伸ばしたまま体を後ろへ倒していきます。下腹がぷるぷるいうくらいまでギリギリ倒したら、そのまま起き上がります。これを繰り返すことで筋力がついてきます。

ヒップリストでヒップも同時に鍛える

仰向けに寝て、膝を立てます。そのままの状態でヒップをぐっと持ち上げましょう。お腹を突き出し、下腹に意識を集中させます。この姿勢はヒップにも力が入るので同時にヒップアップもできるので一石二鳥のエクササイズです。

ぽっこり下腹が手遅れになる前に筋トレでしっかり下腹対策を行いたいですね。まずはできる筋トレから始めて、徐々に筋肉をつけていきましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数