体重以上に脚が太く見える人に共通したNG習慣とは 体重以上に脚が太く見える人に共通したNG習慣とは
画像出典:

体重以上に脚が太く見える人に共通したNG習慣とは

2017年09月26日

「適正体重なのに、どうしてこんなに脚が太く見えるの!?」と悩んでいる女性には、ある共通したNG習慣があるのをご存知でしょうか?こわ〜い脚が太く見えるNG習慣をご紹介しましょう。

むくんだ脚を放置して就寝

デスクワークなどでパンパンに脚がむくんだ日など、入浴でしっかり脚をほぐしたり、マッサージしたりせずにそのまま寝てしまう・・・。むくみによって足首が太くなり、脚全体が太く見えてしまいます。

むくみやすいという人は、しっかりその日のうちにむくみケアを行いましょう。

ヒールが合っていない、脚の冷えを放置

自分の脚に合っていないヒールを履くと、太い足首がつくられます。脚の筋肉のつき方も歪んでしまい、余計に脚が太く見えてしまうのです。

また、自分が冷え性であると気付いていない女性は意外に多いものです。血行不良になると脚はむくんで太くなりますし、血行が悪いと余計冷えにも繋がります。屈伸運動や湯船で半身浴をするなど、冷えを改善することが綺麗な脚をつくる1つの方法でもあります。

日常生活で脚を動かす習慣を

このように体重以上に脚が太く見えるには、足首の細さというものも関係しています。足首がキュッと細ければ、脚が多少太くても締まりのある脚に見えますし、ずんどう脚だとそうはいきませんよね。

階段の上り下りや電車の中で立つなど、積極的に脚を動かして綺麗な脚を保ちましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

LINE@で美LAB.を

友だち追加数