BMIの美容体重になるには?計算方法や近づき方を専門家が解説 BMIの美容体重になるには?計算方法や近づき方を専門家が解説
画像出典: fotolia

BMIの美容体重になるには?計算方法や近づき方を専門家が解説

2019年04月24日
体重と身長をもとに肥満度を算出するBMI指数。スタイルが良く見える体型だと注目されている「美容体重」について詳しく知っていますか?今回は、BMIの美容体重について計算方法や、健康的に目指すポイントをわかりやすくご説明していきます!

BMI数値の「美容体重」とは?

BMI数値の「美容体重」とは?
画像出典: fotolia

美容体重とは、外見的に綺麗な印象を与える体重のことをいいます。スラッとしていて洋服を綺麗に着こなしやすく、一般的に少し痩せている、日本でスタイルが良いと言われやすい目安の体重です。

美容体重を目指すにあたり、一般的にBMIと呼ばれるボディマス指数を用います。BMIとは(Body Mass Index)、体重と身長をもとに肥満度を表す体格指数のことです。

このBMIで体の大きさを表す数値がわかるので、自分の美容体重を割り出すことができます。ダイエットで理想の体重を表す目安として、美容体重の他に、健康体重モデル体重シンデレラ体重などもあります。

BMI数値の美容体重の計算方法

BMI数値の美容体重の計算方法
画像出典: fotolia

美容体重は、BMI19や20をもとに算出されます。健康を重視した病気にかかりにくいとされるBMI22の体よりも、美容体重はもう少し小さくなるイメージです。

◆目標体重の計算式
BMIを基準とし目標体重を定める時は、「身長(m)×身長(m)×BMI」の式を用います。

美容体重を目標として算出したい場合は以下で計算計算するとよいでしょう。
「身長(m)×身長(m)×19(BMI)」または「身長(m)×身長(m)×20(BMI)」

<例>身長が158cmの場合
1.58×1.58×20=49.9kg(以下小数点省く)または1.58×1.58×19=47.4kg

BMI数値で体重を目指すメリット

BMI数値で体重を目指すメリット
画像出典: fotolia

BMI数値の美容体重は、健康と美しさを手に入れやすい理想のスタイルの目安といえます。日本のメディアで人気の高い女性たちを見てみると、一般的に標準と感じる体型と比べて、細身の方が圧倒的に多いことがわかります。

近年では「フィットネス女子」という言葉が流行したり、女性フィットネストレーナーが人気を得たりと、健康や美しいボディへの概念が少しずつ変わってきたように感じますが、まだまだ“より細い体”や“軽い体重”への憧れは尽きないようです。

BMI数値で体重を目指すデメリット

BMI数値で体重を目指すデメリット
画像出典: fotolia

標準よりも低い数値の美容体重を目指すというとこは、健康を害するリスクが高まるとも考えられます。美しさからもかけ離れ、痩せすぎてしまうと、不健康な印象を与えてしまいかねません。

多くの日本人女性は、筋肉や体脂肪などの体内のことよりも、体重ばかりを気にする傾向があります。自分の体調、コンディションと向き合いながら、無理のないダイエットをしましょう。

美容体重を目指すためのトレーニング方法

美容体重を目指すためのトレーニング方法
画像出典: fotolia

◆遅筋を鍛える
筋肉には、遅筋と速筋の2種類の筋繊維があります。遅筋とは持久力を持つ筋繊維で、おもにジョギングの様な有酸素運動時に使われる筋繊維です。遅筋と速筋は繊維の太さにも違いがあり、どちらをメインで鍛えるかで体の見た目が大きく変わってきます

筋力は大きさと比例するするため、あまり大きな力を発揮しない遅筋は、鍛えても見た目が太くなるほど発達することはありません。遅筋を鍛えることで筋肉をつけながらも、細くしなやかな体を手に入れることができます。

◆遅筋を鍛えるトレーニング方法
遅筋を鍛えるには、低〜中負荷で長い時間続けられる運動をするのが効果的です。ジョギングウォーキング水泳などはもちろん、バレエエクササイズなども非常に有効です。

ダイエットをする際に筋肉を落とさないことは重要なポイントなので、体重管理と合わせてトレーニングに励みましょう。

BMI数値の美容体重を目指す注意点

BMI数値の美容体重を目指す注意点
画像出典: fotolia

◆BMI数値に骨・筋肉・体脂肪は関係しない
美容体重を目指してダイエットしても、BMI数値には骨や筋肉、体脂肪などは関係していません。そのため、一眼にスタイルが良いBodyになれるとは限らないのです。

同じ体重、身長の人同士であっても体型は様々なので、BMIの数値だけでは肥満なのか、筋肉質なのか、健康体なのかは判断できかねるのです。脂肪よりも筋肉の方がはるかに重いので、見た目が細くても筋肉量が多ければ体重は重くなります。

たとえば、筋肉量がとても多く体重の重いアスリートが、BMI数値によると肥満と判断されることはよくある事例です。

◆筋肉量や体脂肪量に注目する
あくまでBMIは一般的な平均の判断数値なので、気にしすぎず、筋肉量や体脂肪量などにも注目しましょう。

スタイルの良い美しいボディを目指すならば、理想は違えど筋肉は必要になってきます。美容体重を目安として考えながら筋トレを習慣づけることで、美しい理想のスタイルを手に入れることができるでしょう。

BMIの美容体重を上手に目指そう!

BMIの美容体重を上手に目指そう!
画像出典: fotolia

BMI数値の標準体型よりも軽い「美容体重」。BMI数値だけにとらわれて体を壊さないように注意して、筋肉をつけながら健康的で美しいスタイルを手に入れましょう!

執筆者:
*かなりあん*