美容鍼灸・整体師が教える!1分で二重あごを撃退する小顔ツボ・マッサージ 美容鍼灸・整体師が教える!1分で二重あごを撃退する小顔ツボ・マッサージ
画像出典: fotolia

1分間で二重あごを撃退する「小顔ツボ・マッサージ」

2018年03月16日
みなさん、こんにちは! 美容鍼灸・整体師の横内稚乃です。花の便りが聞こえる季節になりました。お花見などの屋外イベントに備えて、スッキリ小顔になりたいですよね♪しかしながら、30歳を過ぎてから、あごがたるみ、二重あごでお昼間の春の日差しが明るいときの外出に、二の足を踏むことはありませんか?今回は1分でできる、二重あごを撃退する小顔ツボ・マッサージを伝授します。

◆30代以降に、二重あごになりやすい原因とは?

パソコン作業やスマホチェックなどでうつむき姿勢をしていると、あごの皮膚がたるみやすくなるのです。

長時間、首や顔を下向きにしていると、首の骨(頸椎けいつい)が前方にずれてきます。そのときに首やあごがたるみ、脂肪がつきやすくなるのが原因と考えられます。

また、柔らかい食べ物をあまり噛まずに食べることで、あごの筋肉が弱くなりやすいですよ。

うつむき姿勢
画像出典: fotolia

◆二重あごを予防する美容習慣

ほんの少し、美容の意識をするだけでも、二重あごを予防へと導けますよ。

1.スルメやゴボウなどの噛みごたえのあるものを食べましょう。  
あごの筋肉が鍛えられて、フェイスラインが引き締まりやすいですよ。シュガーレスのガムを噛むのもオススメです。あごの筋肉を使うことで、唾液の分泌も促進へと導き、むくみ顔も解消されやすくなります。

2.目線の高さで、スマホやパソコン操作をしましょう。
うつむき姿勢をやめることで、あごがたるみにくくなりますよ。時々、できるだけ後ろに首を反らせることで、あごの筋肉のストレッチになり、顔のラインが引き締まりやすいです。

3.歯を磨く時に、歯茎も一緒に磨きましょう。
口の中を清潔に保つことで、余分な老廃物や雑菌が排出されて、口周りのお肌がキレイになりやすくなります。

歯を磨く時に、歯茎も一緒に磨きましょう
画像出典: fotolia

◆美容鍼灸・整体師が教える!二重あごを撃退する小顔ツボ・マッサージ

朝起きた時に行ってくださいね♪

1.大椎(だいつい)
首をうつむけたときの出っ張りのある骨(第7頸椎)の下のくぼみにあるツボです。人差し指で、大椎のツボを当て、身体中心方向に押してくださいね。血液やリンパの流れを改善に導き、あごの筋肉にハリとうるおいを与えやすいです。

2.頬車(きょうしゃ)
あごのラインのエラの部分よりやや上にある、口を開けると凹むツボです。親指で頬車のツボを押しながら、口を開閉させてくださいね。あごの下の老廃物が排出されやすくなり、あごがシャープになりやすいですよ。

3.完骨(かんこつ)
耳の後ろの出っ張った骨(乳様突起)の後下方のくぼみにあるツボです。完骨のツボを押しながら、口の形を「あ」と「い」にして繰り返してくださいね。耳下腺リンパ節が刺激されて、フェイスラインがスッキリし、輪郭が整いやすいですよ。

二重あごを撃退して、スッキリ小顔を手に入れましょう!

執筆者:
横内 稚乃

LINE@で美LAB.を

友だち追加数