おすすめエクササイズーバンザイスクワットー おすすめエクササイズーバンザイスクワットー
画像出典: fotolia

背中にも姿勢改善にも効く!一押しの「バンザイスクワット」

2018年02月24日
「スクワット」と聞けばどのようなエクササイズなのか、トレーニングをしていない人でもイメージできるのではないでしょうか。重たいバーベルを肩に担いでいるマッチョマンのイメージだったり、一時期森光子さんが生涯続けていた健康法だと話題になったことから、マッチョマンとはかけ離れたイメージだったり様々だと思います。そう!スクワットと言ってもやり方はたくさん!

バンザイスクワット

今回お勧めするのは「両手を挙げてスクワット」

私たちのカラダは、ディスクワークや家事などの日常生活で、どうしても胸郭が広がりにくくなってしまっています。そこで、両手を上げることで胸郭を広げ、さらに背中の筋肉も働かせながらエクササイズをしていきます。

エクササイズ

1.バンザイをするように両手を上げる

画像出典: fotolia

*肩がすくまないようにする
(手のひらを内側に向けると肩・首に負担がかかりにくい)

肩がすくまないように
画像出典: 美LAB.

2.スクワットを行う

スクワットを行う
画像出典: 美LAB.

*背中が丸まらないように背筋を伸ばす(頭とお尻を遠くにするイメージ)
*腰が反りすぎないようにする
*膝とつま先の向きを揃える
*膝に負担がかかる場合は浅めにしゃがむようにする

スクワットを行う
画像出典: 美LAB.

きつすぎる場合は、壁を向いて小指を壁に付けて滑らすように行うと、負荷も軽くなりフォームも崩れにくいのでオススメ。

を向いて小指を壁に付けて滑らすように行う
画像出典: 美LAB.

【目安】
・4秒でしゃがみ2秒で立ち上がる
・10~15回を2、3セット行う

終わりに

胸まわりが硬いと、姿勢が悪くなる、呼吸がしにくくなる、といったカラダにとってマイナスなことがたくさんあります。両手を上げることで胸郭を広げて姿勢と呼吸を整えます

そしてスクワットは「キング・オブ・エクササイズ」とも呼ばれるエクササイズです。特に下半身を強化しますが、正しい姿勢で行うことで全身のトレーニングにもなります。

特に鍛えられる太もも表側の筋肉(大腿四頭筋)、太もも裏側の筋肉(ハムストリング)、お尻の筋肉(大臀筋)は大きな筋肉です。大きな筋肉を鍛える事はエネルギー消費量も多く、ダイエットにも効果的です。

また、エクササイズを続けることで基礎代謝量も上がるので、脂肪を燃やしやすいカラダにすることができます。ぜひお試しください。

執筆者:
関野 さくら

LINE@で美LAB.を

友だち追加数