糖質大好きでもやせられる!? 炭水化物をしっかり食べてダイエット! 糖質大好きでもやせられる!? 炭水化物をしっかり食べてダイエット!
画像出典: fotolia

糖質大好きでもやせられる?炭水化物をしっかり食べてダイエット!

2018年03月31日
「ダイエットしたいのですが、炭水化物が好きすぎてやめられません…」大丈夫! 炭水化物(糖質)だって、体内を活性化するのに重要な役割を担う栄養素です。食べ方やダイエット法を工夫することで、しっかり食べてスリムを目指せますよ。むしろダイエット効果を促進できる、炭水化物の食べ方をご紹介します。

炭水化物を食べてOK! むしろ食べた方がいい?

ダイエット中でも絶対に断食してほしくないのが炭水化物。余分なものは全て体脂肪になってしまうから、炭水化物を我慢して手っ取り早くやせよう、という声もありますが、炭水化物大好きさんには苦行ですよね…。ストレスをためすぎてどか食いを招いたり、代謝が低下してより太りやすくなってしまうので、必要栄養素はしっかり摂取してダイエットを成功させてくださいね。

炭水化物は、身体や内臓の動きをスムーズにするエネルギー源。不足しすぎては、代謝が低下したり、運動効果が低下したりしてしまいます。

炭水化物がダイエットの強敵にされるのは、炭水化物を必要以上に摂取した場合。そもそも消費するエネルギーのぶんだけ摂取しているのならば太ることはないはずです。

炭水化物
画像出典: fotolia

炭水化物を食べてダイエットを成功させるには、日々の生活に必要なだけの炭水化物を楽しむようにすればOKですし、炭水化物が大好きでもっと食べたいと思うならば、運動量を増やして摂取量よりも消費させればいいだけです。

炭水化物は体内を活性化する栄養素ですから、効率よく体脂肪を燃焼させるために取りれることで、ダイエット効果をぐんと高めてくれますよ。

※炭水化物を食べる際に、精製されていない「茶色いもの」を選ぶと血糖値が上昇しにくく、ビタミンやミネラルのちからで代謝を高めて太りにくくなります。ごはんより玄米や雑穀米、食パンよりもライ麦パン、うどんよりそば、というふうに。

玄米ご飯
画像出典: fotolia

おすすめのタイミングは運動「後」

炭水化物を楽しむおすすめのタイミングは、運動後。運動後は糖質(炭水化物を消化の過程で分解したもの)が消費されてしまい、筋肉をはじめ身体の疲労回復のためのエネルギーが不足しています。ここでしっかりチャージすることで、効率よく筋力を高めることができますよ。

炭水化物も、味方にしてしまえば怖くない!
しっかり食べて健康的でメリハリのあるボディラインを実現してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数