本当に安心できる甘味料はどれ?太らない、老化しない!体に優しいおすすめ甘味料 本当に安心できる甘味料はどれ?太らない、老化しない!体に優しいおすすめ甘味料
画像出典: fotolia

太らず老化防止にも!?ダイエットに最適なおすすめ「甘味料」

2017年12月27日
こんちは、愛子です。体のために、血糖値が上がりにくい甘味料を使う方が増えていると思います。「砂糖ゼロ」と記載された商品もよく見かけるようになりました。でもそういった商品に含まれている「人工甘味料」の安全性に疑問を抱いている方も多いのでは?そこで今回は、避けるべき甘味料と安全な甘味料をご紹介します。

体に悪い人工甘味料と影響のない人工甘味料

人工甘味料は、合成甘味料糖アルコールに分けることができます。

■合成甘味料
天然の食品には含まれない甘味成分を人工的に作り出したもので、体に良くないと言われている人工甘味料とは合成甘味料のことです。

■糖アルコール
糖アルコールは天然の食品から抽出できるもので、それを合成して作られた甘味料は、体に優しいと言われています。糖アルコールの安全性は、FAO(食糧農業機関)やWHO(世界保健機関)も認めています。(※1)

合成甘味料
画像出典: fotolia

血糖値を上げないおすすめ甘味料

・エリスリトール
果実やきのこ、ワインや味噌などの発酵食品に含まれる、天然の糖アルコールを、合成してつくられた甘味料です。体内で代謝されないので、血糖値が上がりません。

・羅漢果エキス

ウリ科の羅漢果という植物から抽出されるエキスです。羅漢果に含まれる甘味成分は水溶性の食物繊維なので、血糖値を上げないと言われています。

・ラカントS

エリスリトールと羅漢果エキスで出来ています。

これらの甘味料は、低糖質推進派の医師たちが共通して推奨されている甘味料です。(※2)

ステビア、キシリトール、マルチトール、ソルビトール、ラクチトールなどについては、専門家の中でも意見が分かれているようです。私は積極的には使いませんが、食べたいものに含まれていても避けることはしていません。

甘味料
画像出典: fotolia

血糖値は上げるけど、少量なら比較的体に優しい甘味料

・オリゴ糖
・ココナッツシュガー
・メイプルシロップ
・はちみつ
・甜菜糖
・黒糖
・アガベシロップ

天然の糖アルコールから作られているとは言え、どうしても人工甘味料には抵抗があるという方は、こういった甘味料を少量使用されるといいと思います。上白糖よりGI値は低く、ビタミンやミネラルなどの栄養も含まれているので比較的体に優しいです。ただし摂り過ぎれば当然血糖値は上がるので注意しましょう。

なるべく避けたい甘味料

成分表で下記の甘味料を見つけたら、その食品は選ばないほうがいいかも!

~血糖値は上がりにくいけど体に良くない人工甘味料(合成甘味料)~
・アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)
・アセスルファムカリウム
・スクラロース
・ネオテーム
・サッカリン 

~血糖値を上げやすい甘味料~
・上白糖
・三温糖
・グラニュー糖
・果糖ブドウ糖液糖
・水あめ
・還元水あめ
・みりん

また「ショ糖」と記載されているものにも注意してください。ショ糖とは、砂糖の主成分のことです。

甘味料
画像出典: fotolia

おわりに

当たり前ですが、私たちの体は食べた物でできています。だから普段何気なく口にしている食べ物に、どんな甘味料が使われているのかをぜひ考えるようにしてみてください。でもあまり神経質にならなくてもいいですよ。「ちょっと気を付ける」くらいが1番、元気な心と体を育んでくれると思います。

(※1)合成甘味料と糖アルコールの違いについて
腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」/高雄病院理事長 医師 江部康二・著/SBクリエイティブ

(※2)医師が推奨する糖アルコール(安全な甘味料)について
断糖のすすめ ~高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣~/ハタイクリニック院長 西脇俊二・著/ワニブックス

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数