だるさを撃退する「氣・血・水」の巡り改善方法 だるさを撃退する「氣・血・水」の巡り改善方法
画像出典: fotolia

だるさ、肌荒れ、むくみ…不調を撃退する「氣・血・水」の巡り改善方法

2017年12月22日
Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。疲れやすい・胃腸が弱い・怒りっぽい・風邪をひきやすい・貧血・顔色が悪い・手足が冷える・めまい・立ちくらみ・肌荒れ・浮腫む・全身が重い・下痢をしやすい・・・、そんな不調を東洋思想で改善するために、できることがあります。大きなカギは「毎日の食事」が握っています。

氣・血・水の循環を改善するOKポイント

良くも悪くも食べ物により体調が変わる。そんな経験をするたびに「私たちの身体は食べたものでできている」ということを再認識します。医食同源という言葉があるように、毎日の食事は偉大な力を持っています。

今回は、生命活動に大切な3つの要素「氣・血・水」それぞれの巡りを改善するOKポイントをお伝えします。

氣の巡り

エネルギー不足で体力もない状態の「気虚/ききょ」の改善ポイントです。

ストレスがあれば、十分に睡眠を取るなどして適度に休息しましょう。不足している氣を補う食べ物として、穀物・牛肉・山芋類・ネギ・豆類などを積極的に頂きましょう。ちなみに私は氣の巡りが悪いと感じたときは、ジャスミンティを飲んでリラックスしながら巡りを改善しています。

ジャスミンティ
画像出典: fotolia

血の巡り

栄養不足で貧血や冷え性の症状がある「血虚/けっきょ」の改善ポイントです。

夜更かしをして脳を使うと血を消耗させるので勉強・仕事・パソコン・テレビなどは控えめにして、十分な睡眠を取りましょう。血を補う食べ物として、ほうれん草・人参・黒豆・イワシ・牛肉・レバーなどタンパク質やビタミン・ミネラルの豊富な食材を頂きましょう。

水の巡り

水の流れが悪く身体が冷えている「水毒/すいどく」の改善ポイントです。

入浴などで身体を温めて、むくみや冷えを改善していきましょう。水の流れを改善するためには、塩分や水分の摂取量に注意しましょう。むくみなどの水毒症状を解消するには小豆がお勧めです。身体を冷やす冷たい飲料や生野菜などは控えめにして、温野菜や発酵食品を頂きましょう。

具体的には、かぼちゃ・生姜・ニンニク・ニラ・シナモン・黒砂糖などの身体を温める食材を頂きましょう。温かいシジミのお味噌汁やカレーライスもお勧めです。

かぼちゃとシナモン
画像出典: fotolia

いかがですか、思い当たる節や気づきはありましたか?旬の食材を美味しく頂き、良い睡眠をとることは基本中の基本ですね。どの項目も無理なくとり入れられることばかりです。気になる所があれば、さっそく実行してみましょう。

最後にもうひとつ、私OK和男が実践していることをご紹介します。それは、「就寝時に楽しかったことや嬉しかったことを思い出して寝る!」これだけで睡眠の質が上がりますよ。ぜひお試しください。マハロ~。

執筆者:
OK和男

LINE@で美LAB.を

友だち追加数