ヒップアップエクサで身体をポカポカと温める ヒップアップエクサで身体をポカポカと温める
画像出典: fotolia

1シーズンで差がつく!もも・尻のたるみに効果的な「ヒップアップ」エクサ

2017年12月19日
Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。前回のコラムはご覧いただけましたか?まだの方は是非合わせてお読みください。ボディラインを洋服で隠しながら、ネガティブになりがちな冬の気候を逆手にとって、美味しく楽しく綺麗になっていくマインドを手に入れましょう。自分がどう在りたいかが決まったら次は実践です!

ウォーキングレッスンで頂くお悩みを解消!

私が行っているウォーキングレッスンやダイエット指導の現場で、生徒さんから耳にするのは、下半身太りを解消したいというお声。とくに脚やお尻に関するお悩みを多くいただきます。さらに具体的に落とし込むと「腿の内側のたるみとお尻のたるみ」を何とかしたい!というリクエストを頂きます。

このような美容面のお悩みで多い「下半身太り」と、健康面で問題視されている「足腰の衰弱」。両面のお悩みを一気に解決する簡単エクササイズが「スクワット」です。

いろいろなスクワット方法がありますが、中でも多くのリクエストがあった「腿の内側のたるみとお尻のたるみ」に効果的なワイドスクワットをご紹介します。

もものたるみ
画像出典: fotolia

美脚&美尻をつくるワイドスクワット

主なターゲット筋は、大腿内転筋群・大殿筋・ハムストリング(太腿裏)・大腿四頭筋です。簡単に言うと、腿の内側・お尻・腿の後ろ側・腿の前側です。

1:肩幅の2~3倍ほどのスタンスで、爪先をやや外側に開いて立ちます。

2:背中は丸めず反らさずまっすぐに伸ばしたまま、息を吸いながらゆっくり股関節を屈曲させていきます。

3:腰が十分に下りたところ(太腿が床と平行になるあたり)まで下がったら、息を吐きながら内ももの動きを感じながら同じ軌道で元に戻ります。

画像出典: fotolia

目安:10回×3セット/2秒で下して2秒静止して2秒で戻る
⇒自重のみで物足りない時は、腰を落とす深さ・スピード・重りを持つ・などの工夫で強度を調整しましょう。

【OKポイント】
・視線は前方やや上を見るようにすると自然に背筋が伸びます

・腰を下ろしたときに膝が内側に入らないように注意して、つま先の向きと揃えるようにしましょう。

・膝を伸ばして元に戻る時に、お尻や腿の内側と裏側を引き締める意識を持つと、膝の負担を軽減できます。

理想のレッグ&ヒップを手に入れて身体を温める

最後に、美容面と健康面それぞれのメリットをまとめてみます。

美容面では、腿の内側のたるみが解消されて引き締まるので、脚のラインが美しくなります。また、O脚の改善にも繋がります。

健康面では、身体の中でも大きな筋肉がたくさん集まる下半身を鍛えることで、身体をポカポカ温かく保つことができます。すると、身体の冷えにより鈍くなった白血球の働きを改善させる効果も期待できます。

理想のレッグ&ヒップに
画像出典: fotolia

他にも、下半身を鍛えることで基礎代謝が上がれば、ダイエット効果にも直結します。さらに、下半身の安定によるパフォーマンスアップにも効果的です。

簡単な動作なのに得られるメリットは山盛りですね。是非実践してみて下さい♪マハロ~

執筆者:
OK和男

LINE@で美LAB.を

友だち追加数