結局ジョギングってやせるの? 「走る」ダイエット効果 結局ジョギングってやせるの? 「走る」ダイエット効果
画像出典: fotolia

結局ランニングってやせるの?「走る」ダイエット効果

2017年10月22日
ダイエットといえば、タオルを首から下げて、辛そうな顔をしてハァハァ言いながら、少しずつ前に進む……そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

運動後は汗をかいて、お風呂に入らなければならなくなる面倒くささと辛いイメージがあいまって、できるだけ走らずにやせる方法はないかな?と楽なダイエット法と探し求めてしまう場合も。そこで今回は、ランニングの魅力をたっぷりご紹介します!

全身が活性化する!

ランニングは、全身運動。もちろん脚の筋肉を強化する要素が強いですが、姿勢を正せば全身を上手に動かして引き締めることができます。

身体を動かすことで全身の体液循環がスムーズになり、冷えやむくみを予防・改善するのに役立ちます。脳にも酸素や血液が十分に届くようになり、脳も活性化。気分がスッキリして前向きに過ごすことができるようになります。ストレスによるどか食いを防ぐ効果も期待できますよ。

また、体力がつき身体がしなやかに動くようになるため、日常生活で消費できるカロリーもアップ。エネルギーを消費しながら、さらにやせやすい体質に整えることができます。

ランニング
画像出典: fotolia

無理にたくさん走る必要はない。

ランニングでやせようとすると、ついつい何時間も走って短期間で結果を出そうとしてしまいがち。

筋肉は壊れ、修復することで強くなっていきます。そのため休息を挟みながら少しずつ鍛えていくことが大切。たった数回のランニングで身体の細胞が劇的に変化することはありませんし、疲れすぎやお腹の空きすぎでどか食いをしてしまっては元も子もありません。

ますは10分、20分からスタートしましょう。習慣にして続けることが大切。体力がつき、運動量を増やしていくことでどんどんエネルギーを消費しやすくなっていきます。

ランニング
画像出典: fotolia

気軽に楽しむことが成功のコツ

ランニングをしてもそんなにたくさんカロリーを消費できないし。と言いますが、同じくらいの運動量・時間でランニング以上にエネルギーを消費できる運動はそうそうありません。

楽しんで続けることで、太りにくい、やせやすい体質へと整えることが可能です。

ランニングは効果がなさそうだから……と敬遠せず、ぜひ挑戦してほしいと思います。達成感と爽快感は、次への活力になりますよ。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数