太ももに憧れの隙間が?内もも引き締めエクササイズ 太ももに憧れの隙間が?内もも引き締めエクササイズ
画像出典: fotolia

憧れてた「太ももの隙間」が出現!内もも引き締めエクササイズ

2017年06月30日
こんにちは、コラムニストの愛子です。美脚は女性の永遠のテーマ。中でも「太ももに隙間がほしい」という女性は多いのでは?今回はそんな方におすすめのエクササイズをご紹介します!

内もも引き締めのカギは内転筋

内転筋とは、太ももの内側にある筋肉の総称です。主に太ももを閉じる役目をしています。他にも部位によっては、股関節の屈曲や伸展などにも関わっており、体を正しい状態に保つために欠かせない筋肉なのです。

しかし、日常生活で使われることの多い太ももの前側やふくらはぎとは異なり、内転筋は意識的に鍛えないと衰えやすいところ。筋肉のないところには脂肪が付きやすくなるので、内もものお肉に悩む女性が多いのです。

内転筋を鍛えるエクササイズ

(1)右の体側を下にして、横向けに寝転がります。右腕は真上に伸ばして、左手は体の前へ置いてバランスをとります。左ひざは曲げておきましょう。

【※補足】この姿勢がとりづらい方は、左ひざ(上になるほうの足)を立てて、左足裏を床に着けて行ってもOKです!

エクササイズのイメージ
画像出典: fotolia

(2)右足を持ち上げましょう。

エクササイズのイメージ
画像出典: fotolia

(3)右足を下げます。
(4)(2)(3)を1セットとして、20セットを目安に繰り返しましょう。
(5)反対側も行います。

日常生活がエクササイズに?

エクササイズをしている時間より、座ったり歩いたりしている時間のほうが圧倒的に長いですよね? そのときの姿勢や筋肉の使い方がスタイルを作っていると言っても過言ではありません。だからこそ、普段の生活の中で内ももを引き締めるような動作を心がけることが大切なのです。

たとえば、こんなことだけでも継続すれば効果が期待できます!
・足を揃えて座る(太もも、ひざ、ふくらはぎを、全てくっつけます)
・歩くときに、内ももを意識して歩く

おわりに

いくら意識しても、筋肉がなければ上手く使うことはできません。だからまずは今まで使われていなかった内転筋を、エクササイズで目覚めさせてあげましょう。そうすることで、普段から内ももを意識しやすくなり、次第に足のラインが変わっていきます。ぜひ憧れの隙間をゲットして、オシャレを楽しんでくださいね!

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数