【ヨガ】美脚ポーズからの、簡単内もも引き締めエクササイズ! 【ヨガ】美脚ポーズからの、簡単内もも引き締めエクササイズ!
画像出典: fotolia

【ヨガ】美脚ポーズからそのまま「内もも引き締めエクササイズ」に!

2017年06月09日
こんにちは、コラムニストの愛子です。薄着になる夏は、美意識がいつも以上に高まる女性が多いのではないでしょうか。そこで今回は、美脚効果のあるヨガポーズと、そのままの流れでできる内ももを引き締めるエクササイズをご紹介します!

アナンタ・アーサナ

アナンタ=ヴィシュヌ(ヒンドゥー教の神)、ヴィシュヌの寝床である蛇

(1)仰向けに寝ます。

(2)息を吐きながら、左の体側を床につけるように、体を横向けにします。

(3)頭を持ち上げ、左手を真っすぐ伸ばしましょう。

(4)左肘を曲げ、左手の平で頭を支えます。2~3呼吸キープしましょう。

(5)右ひざを曲げ、右手の親指・人差し指・中指で右足の親指をつかみます。

(6)息を吐きながら、右手を伸ばし、右足を持ち上げましょう。右足が床に対して90度になるようにします。5呼吸ほどキープします。

画像出典: fotolia

ヨガのポーズはこれで完成!

ここで終える場合は、次の項目でご紹介する(8)と(9)だけ飛ばして、(7)(10)の順でポーズを解き、反対側も行ってください。

内もも引き締めエクササイズ

もっと美脚効果を高めたい方は、このまま内ももを引き締めるエクササイズに入りましょう!

(7)息を吸って、お腹を引きしめます。息を吐きながら右ひざを曲げ、右手を放して(2)の状態へ戻りましょう。

(8)右手をお腹の前あたりの床に置きます。

(9)右足を高く持ち上げ、下げましょう。この上下運動を1セットとして、20セットを目安に繰り返します。

(10)左手を頭から放し、(1)の状態へ戻ります。

(11)反対側も行いましょう。

画像出典: fotolia

期待できる効果(アナンタ・アーサナ)

・足裏の筋肉を柔軟にし、整える
・骨盤周りを刺激する
・背中のコリや痛みを和らげる
・ヘルニアの防止

おわりに

硬いところでポーズをとると、下にするほうの肘や骨盤がけっこう痛いので、ヨガマットやカーペットなど軟らかいところで行ってください。

ぐーたら寝転んでいるように見えますが、意外とバランスをとるのが難しいポーズです。お腹を引き締めるとバランスを保ちやすくなるので、意識してみてください。夏までに自信を持って見せられる美脚をつくりましょう!

執筆者:
愛子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数