エアリアルヨガの魅力と特色 エアリアルヨガの魅力と特色
画像出典: fotolia

普通のヨガでは体験できない!話題の「エアリアルヨガ」の魅力とポーズ

2017年06月05日
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。近年、テレビなどメディアでよく見かけるようになった、エアリアルヨガ(空中ヨガ、ハンモックヨガなど複数の名称あり)。ちょっと敷居が高い特別なイメージを持たれる方もいるのではないでしょうか。今回は、ハンモック感覚で楽しめる、エアリアルヨガの魅力と特色をお伝え致します。

エアリアルヨガ(空中ヨガ)とは?

スタジオの天井に専用の金具と布を吊り下げて行うヨガで、アメリカのダンサーが考案したのが始まりとされています。一点から吊り下げるタイプと二点で吊り下げるタイプがあります。今や様々な団体が作られ、世界中で親しまれています。

エアリアルヨガのイメージ
画像出典: 美LAB.

普通のヨガとの違いは?

通常のヨガは、地面についた自分の体を、自分の力で支えてポーズを取りますが、エアリアルヨガは体の一部または全部を空中の布に乗せてポーズを行います。そのため、布からぶら下がるような体勢になれば、リラックスしながら自分の体重でぶら下げた部分を伸ばすことができます。

布に乗せた部分に重心をかけつつ、床にも重心を乗せると、グラグラする姿勢を安定させるために、体幹や股関節周りなどの筋肉をしっかり使うことができます。

通常のヨガに比べてストレッチが楽に強く行えて、逆さになるのも簡単です。ブランコや鉄棒のようにして使えば、気軽に空中体験を楽しむことができます。

エアリアルヨガのイメージ
画像出典: 美LAB.

主なポーズは?

・布に寄りかかるポーズ
ヤシの木のポーズや三日月のポーズ、体側伸ばしのように、布に寄りかかることで体をストレッチすることができます。

・体幹を鍛えるポーズ
布で不安定になりがちな姿勢を安定して保つために、体幹をまっすぐさせる筋肉を重力に逆らって使うポーズ。(下を向く犬のポーズ、英雄のポーズなど)

・逆さのポーズ
布に体を預けてひっくり返るポーズ。ポーズを取ること自体は簡単です。最初は恐怖感があることが多いので、余分な力を抜くことがポイント。力を抜けば、背骨が牽引(けんいん)される感覚や、内臓を持ち上げる、凝りがちな肩や首周りの血流を良くするといった効果が期待できます。(バタフライ、合せきのポーズなど)

エアリアルヨガのイメージ
画像出典: 美LAB.

・リンパマッサージポーズ
布の圧力がリンパ節や筋肉を圧迫して刺激することで、老廃物を流します。滞りがあると、最初は痛く感じます。凝りが取れてくると、痛みは減ります。(そけいリンパ節や腰回りに布を当てるポーズなど)

・リラックスポーズ
布の中に包まれて、安心感を持って取るポーズ。布を使ってバランスを取るのに恐怖感がある人も、これは一様にリラックスできると人気があります。(シャバアーサナなど)

おわりに

いかがでしたか?気持ち良さそうだと感じるポーズはありましたでしょうか。実際に、姿勢が整い、体のゆがみや凝りを克服していった方が何人もいます。精神的にもリフレッシュ効果が大きいです。受けられるスタジオも増えてきたので、体験してみてはいかがでしょうか?

※撮影 ルージュ国立スタジオ http://healing-rouge.jp/

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数