今すぐやめよう!垂れ尻・大尻を招くNG習慣 今すぐやめよう!垂れ尻・大尻を招くNG習慣
画像出典: fotolia

お尻がどんどん大きくなる!?今すぐやめたい垂れ尻・大尻を招くNG習慣

2017年05月20日
身体に負担のかかる姿勢を長時間続けたり、体液循環が滞ってしまったりする生活習慣は、太りやすい体質や身体の歪み、老化の原因です。次のような生活をしていませんか?大尻に悩まないために、今すぐ改善していきたい習慣や体質です。

垂れ尻・大尻を招くNG習慣

□足が疲れたと感じるほど、たくさん足を動かすことはめったにない
□毎日デスクワークやパソコンなどの座って行うことを5時間以上している
□気づけば身体が丸くなって、猫背になっている
□イライラすることが多く、ストレスを溜め込んでいる
□コンビニでおにぎり、などのように軽食で済ます食事が多い
□冷え性だ
□便秘に悩まされている
□座っていて、気づくと足を組んでいる
□反り腰だ
□お腹の筋肉が少ない(たるんでいる)

知らず知らずのうちにお尻がどんどん大きくなる!?

これらの習慣や体質は、代謝を低下させやすく、歪みを招きやすいものです。当てはまるものが多い人ほど、お尻の筋肉が老化して垂れ下がったり、脂肪や老廃物が蓄積しやすく大尻を招いたりしやすくなります。

日頃から脚やお尻周りの筋肉を使っているのならば良いのですが、そうでないと老化する一方。これに冷えや代謝の低下が重なると、さらに老けやすくなってしまいます。

お尻の筋肉が老化するイメージ
画像出典: fotolia

まずは、当てはまるNG習慣をなくしていくこと

デスクワークが長時間の人は、こまめに休憩を挟んでお尻を解放し、トイレに歩いたりストレッチをしたりして運動量を増やす、などというふうにできる範囲で改善していきましょう。改善のための行動が増えていけばいくほど、老化をくいとめやすく、大尻を防ぎやすくなります。

代謝を高めて脂肪の蓄積を防ぐためには、栄養バランスの整った食生活や毎日お風呂でゆっくりと温めること、適度な運動を取り入れることなどが有効です。ストレス発散の1つとして散歩やストレッチ、ダンスなどの楽しい運動を取り入れるのも良いですね。

老化を食い止めるには、原因にアプローチ。ぜひ、日々の生活を見直してみてください。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数