「乳製品は太る」はウソ!?ダイエット中の牛乳やヨーグルト、チーズの食べ方 「乳製品は太る」はウソ!?ダイエット中の牛乳やヨーグルト、チーズの食べ方
画像出典: fotolia

「乳製品は太る」はウソ?ダイエット中の牛乳、ヨーグルト、チーズの食べ方

2017年05月27日
牛乳やヨーグルトは、便秘改善にいいと聞くけれど、カロリーが高いからあんまり食べない方がいいかなと思いがち。野菜や海藻、きのこ類などと比べてカロリーが高い乳製品。ダイエット中は避けるようにしているという人もいるかもしれません。乳製品は、ダイエット中でも上手に取り入れて欲しい食品の一つ。今回は乳製品のダイエット効果に迫ります。

「牛乳VS豆乳」ヘルシーなのは豆乳だけど?

牛乳は脂質が多くカロリーも高め。同じ量を飲んでも低カロリーな豆乳の方がやせやすい!と牛乳の代わりに豆乳を選んでいる人もいるかもしれません。豆乳は“大豆”の加工品。女性ホルモンのはたらきを活性化する大豆イソフラボンや、植物性のたんぱく質を摂取するのに役立ちます。

一方で、牛乳だからこそ摂取できる栄養成分もあります。たとえば、カルシウムやビタミンB群。カルシウムは骨を丈夫にするための原料ですし、ビタミンB群には代謝を高める効果が期待できます。

牛乳のイメージ
画像出典: fotolia

栄養バランスを整えて代謝を高めるためには、豆乳も、牛乳も、どちらも摂取したいもの。コップ1杯ずつを目安に、両方摂取することをおすすめします。ただし、体質に合わずお腹の調子が悪くなってしまうなどの場合は、専門家や医師に相談したり、控えるようにしてください。

チーズやヨーグルトも◎!

牛乳の成分に乳酸菌をプラスして摂ることができるヨーグルトには、腸内環境を整えお通じを改善する効果が期待できます。また、チーズからは良質なタンパク質を摂取することが可能。おかずにプラスすることで食事での満足感も高まりますよね。

ヨーグルト、チーズのイメージ
画像出典: fotolia

乳製品はダイエットの味方

乳製品からは、動物性のたんぱく質やビタミン・ミネラル類を摂取することができ、代謝アップや肌トラブルの予防・改善、ツヤのある健康的な髪へと整える効果などが期待できます。カロリーを減らすことだけを考えると、このような大切な栄養素を逃してしまいかねません。

しっかり食べて、代謝を上げて、太りにくくやせやすい体質に整えること。健康的でメリハリのあるボディラインを実現するために、乳製品も怖がらずに取り入れてくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数