ぽっこりお腹になってない?夏までに作るスッキリお腹ウエストマッサージ法 ぽっこりお腹になってない?夏までに作るスッキリお腹ウエストマッサージ法
画像出典: fotolia

落ちにくいぽっこりお腹に効く!スッキリお腹ウエストマッサージ法

2017年05月15日
薄着になりボディラインが見えやすくなる季節ですね。身体の中でも気になるお腹、ウエストライン。10代20代の頃に比べ、30代から一気に気になり、なかなか落ちにくい場所でもあります。お腹がぽっこりしているのとスッキリしているのでは全く印象が違いますよね。そんなスッキリお腹ウエストを作るマッサージ法をエステティシャンの筆者がお教えします。

■お腹、ウエストが太る原因とは?

(1)姿勢が悪い
お腹、ウエスト痩せにはマッサージや腹筋をすると良いと良く聞くのではないでしょうか?お腹がぽっこり出てしまう原因の一つとして、「姿勢が悪い、猫背であること」があります。前傾姿勢である猫背の姿勢になってしまうことで、内臓に負担がかかったり、骨盤が歪んだり、腹筋や背筋を活用しないことで姿勢が歪みお腹やウエスト周りに脂肪がつき始めます。

歩くときや座るときもダラダラとせず、背筋をピンと伸ばして、肩を開き、お腹と肛門をキュッと締めることがポイントです。慣れるまでは背中やお腹がしんどい、痛いと感じるかもしれませんが、普段からその筋肉を使っていない証拠ですので意識して行ってみましょう。

(2)不規則な食生活
野菜不足、アルコールやお肉、お菓子ばかりを食べるなど栄養素が偏りがちな食生活もお腹周りに脂肪を溜め込む原因となります。普段、米や麺類ばかりの場合は雑穀米や玄米、こんにゃくなどに置き換えて糖質を抑えながら食事バランスを見直しましょう。

糖質や脂質を燃やすには筋肉量が必要になりますので、適度な運動を心がけることはもちろんの事、筋肉を作るたんぱく質を摂取するように心がけましょう。

■スッキリお腹ウエストマッサージ法

入浴中やお風呂上がりなど身体が温まっている時に、オイルやマッサージクリームを使って行いましょう。

(1)脇腹からへそ周りに向かってマッサージ

脇腹からへそ周りに向かってマッサージを約20回行います。

脇腹からへそ周りに向かってマッサージ
画像出典: fotolia

(2)ウエストくびれマッサージ

右のウエストは右手を使って腰から下腹に向かって流し、左手で脇腹に向かって流します。約20回行いましょう。

左のウエストは左手を使って腰から下腹に向かって流し、右手で肋骨に向かって流します。約20回行いましょう。

ウエストくびれマッサージ
画像出典: fotolia

(3)脂肪をひねるようにマッサージ

脂肪を縦につかみひねります。少しずつ場所を変えながら、マッサージしましょう。左右5回ずつ行いましょう。力任せにひねったり、同じ場所を続けるとアザになりやすいので注意しましょう。

脂肪をひねるようにマッサージ
画像出典: fotolia

スッキリしたお腹やウエストは日々の姿勢や食生活や運動はもちろんの事、マッサージを行うことでさらに脂肪を燃焼させやすくなるので、毎日続けることがポイントです。

夏までにスッキリお腹を作る、これからぽっこりお腹にならないために予防するのにも使えるマッサージ方法ですので、是非参考にしてみてくださいね。

執筆者:
寒川あゆみ

LINE@で美LAB.を

友だち追加数