顔のリフトアップ&立体的な顔を作るエクササイズ 顔のリフトアップ&立体的な顔を作るエクササイズ
画像出典: fotolia

顔のリフトアップも筋肉がカギ!立体的な顔をつくるエクササイズ

2017年05月07日
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。日本人はシャイで、感情を表に出さない人が多いので、表情筋をあまり使わない民族とも言えます。そのため、頬が平坦に下がっていきがちです。今回は、凹凸のあるリフトアップした顔をつくるエクササイズをご紹介致します。

首の硬さが顔を引き下げている

首や肩が凝る人は少なくありませんが、首や肩の筋肉が硬く縮こまると、その周辺の筋肉や皮膚も引っ張られるため、あごや頬などが下に引っ張られて下がります。そのため、首や肩の凝りがある人は顔が下がったりシワができたりしやすくなります。

口角やほっぺたを上げるのは、コツと訓練次第!

緊張しやすい性格や、正確さや真剣さが問われる仕事などで、普段あまり笑顔や表情を動かさない人は、口角やほっぺたが下がりがちです。

そういう顔だから、動かそうとして動かないから、と諦めることはありません。表情筋の使い方は誰も教えてくれませんから、自己流でくせ付いただけです。使い方を修正すれば、誰でも筋肉を使った立体的な顔に近づくことができます。

表情筋を使うイメージ
画像出典: 美LAB.

首や肩の凝りを取ってリフトアップ

「イ」の形の口を作って上を向き、両手を重ねて鎖骨の下に当てて押し下げます。下顎から首、鎖骨周辺の筋肉がストレッチされます。ここの筋肉が硬いために口角やほっぺたが下に引っ張られていた部分です。頭への血流を促すので、顔色も良くなります。

頭を左に倒して右首筋をストレッチし、左手指先を固くそろえて、指の腹で右首筋や鎖骨周辺を押圧します。反対側も同様に行います。こちらも口角を下げる筋肉をゆるめることができます

首や肩の凝りを取るイメージ
画像出典: 美LAB.

シワを作らず口角を上げる練習

唇を全て、上下の歯の間にはさみこみます。そのまま口角を持ち上げて、Uの字のような唇を作ってみましょう。

ほっぺたの筋肉をフルに使い、余分なシワを作らず伸ばした状態で口角を上げることができます。頬の凹凸を作り、立体的な顔にします。

シワを作らず口角を上げる練習のイメージ
画像出典: 美LAB.

おわりに

いかがでしたか?意外と首や肩の凝りが顔を引き下げる原因になっていたり、それをストレッチで予防できること、表情筋をほぐしてリフトアップできることなどを感じられたでしょうか。デスクワークの合間にもできることばかりなので、気軽にお試し下さい。

執筆者:
美宅 玲子

LINE@で美LAB.を

友だち追加数