ダイエット中「チーズ」は食べていい!代謝を高めるダイエットメニュー ダイエット中「チーズ」は食べていい!代謝を高めるダイエットメニュー
画像出典: fotolia

「チーズ」を食べてやせ体質に!?代謝を高めるダイエットメニュー

2017年04月29日
よく届く質問の一つに「ダイエットを成功させるためにはどの食べ物を避けて、何を食べたらいいの?」というものがあります。中でもチーズなどの脂質が多く含まれる食べ物は嫌煙されがち。チーズは凝縮された栄養素を手軽に摂ることができる食べ物の一つです。美味しく食べて代謝を高め、やせ体質を実現しましょう。

チーズはダイエット効果が期待できる食品!

チーズの主な原料は、乳。乳から水分を抜き、発酵・熟成させて作られています。そのため、豊富な乳の栄養素がギュッと凝縮されています。ダイエット中に不足しがちなカルシウム、代謝を高めるビタミンB群、皮膚や粘膜を健康的な状態に保つサポートをするビタミンA、筋肉や肌細胞の原料となるたんぱく質……。

低カロリーな野菜やこんにゃくばかりを食べて、体内を活性化する栄養素が不足するよりも、ずっと健康で太りにくい体質に整えることができます。ダイエット中でも、適量の「チーズ」を楽しんで、メリハリボディを育てましょう。

チーズを食べるイメージ
画像出典: fotolia

食べ過ぎには注意!食べ合わせを工夫して

チーズが体内のはたらきを活性化するからといって、そればかりを食べ続ければ栄養バランスが偏って代謝が低下してしまいます。また、一度に大量に食べるのもNG。1食をチーズだけにして、200gも300gも食べる……なんてことはやめましょう。

目安は、1日100g前後。おかずや小腹が空いたときのおやつとして取り入れてください。全体の摂取カロリーがオーバーしなければ、脂質の多いチーズでも太る心配はありません。

チーズはたんぱく質が豊富な食品なので、糖質やビタミン・ミネラル類を合わせて食べるのがおすすめです。サラダにチーズを入れてビタミンたっぷりのおかずにしたり、野菜ジュースを合わせたりすると良いでしょう。

サラダにチーズを入れるイメージ
画像出典: fotolia

チーズは食べて「OK」!楽しんで食べちゃいましょう!

ダイエット中にあれも食べたい、でも食べられない……!というストレスを溜め込むとどか食いに発展してしまいます。栄養バランスを整えれば、必要量をしっかり摂取できるようにすれば、食べてはいけないものなどありません。ぜひ、食事を“楽しんで”メリハリボディを実現てくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

関連記事

あわせて読みたい