ダイエット中でも食べてOK!?「唐揚げ」を食べても太らないコツ ダイエット中でも食べてOK!?「唐揚げ」を食べても太らないコツ
画像出典: fotolia

ダイエット中でも食べてOK!?「唐揚げ」を食べても太らないコツ3つ

2017年04月23日
ジューシーで温かい唐揚げ!想像するだけで、食べたくなってしまいますよね。でも、ダイエット中だし、今までの苦労を水の泡にしたくない…!そんな場合でも、唐揚げを心配せずに食べることができる、上手な取り入れ方をご紹介します。

「唐揚げ=太る」は間違い!?

良質なたんぱく質や脂質は、代謝を高めてダイエット効果をアップさせるのに必要な栄養素。カロリーは体脂肪を燃焼させるエネルギーとして必要ですし、たんぱく質はエネルギーを消費する筋肉や肌細胞の主な原料です。不足すれば肌トラブルに悩んだり、筋肉が老化して運動で消費できるカロリー量が低下したりしてしまいます。

ダイエット中だからと野菜中心、低カロリーの生活を続けるのはNG。体内を活性化するのに必要な栄養素は積極的に食べることが、スリムボディを実現・維持する秘訣です。

唐揚げのイメージ
画像出典: fotolia

唐揚げを食べるときに気をつけるべきことは?

ダイエット中だからといって唐揚げを食べるのを我慢することはありません。唐揚げを食べて、太らない工夫を取り入れれば良いだけ。油で揚げるためにどうしても高カロリーになりがちな唐揚げを、カロリーオーバーにならないように楽しむためには、次のポイントを意識しましょう。

●最低30回。よく噛んで食べる
美味しい料理は、美味しさを感じて、噛み締めて食べましょう。味をしっかり感じずに食べては満足できず、食べても食べても「もっと食べたい」という気持ちが消えません。

よく噛んで食べることは、消化・吸収の負担を減らして代謝を高めやすくする効果が期待でき、また、食事の満足感を得やすいため食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

●レモンをかけ、野菜を一緒に食べる
カロリーが高い揚げ物には、消化・吸収のはたらきをサポートするビタミン・ミネラル類を合わせましょう。レモンをかけて食べたり、たっぷりの野菜と一緒に食べたりするのがおすすめです。

レモンと唐揚げのイメージ
画像出典: fotolia

●糖質は控える
唯一控えたいのは、ご飯やパン、パスタなどの糖質。同時に食べると消化・吸収に負担がかかり、エネルギーとして消費しにくくなります。カロリーオーバーを防ぐためにも、糖質は控えめにしましょう。

ダイエット中だからと、唐揚げを「全く食べないようにする」必要はありません。食事を楽しみ、エネルギッシュに過ごす方がずっとカロリーを消費できます。美味しい食べ物を楽しみながら、美ボディを実現・維持しましょう!

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数