痩せたい人ほど食べるべき?食事とダイエットとの意外な関係 痩せたい人ほど食べるべき?食事とダイエットとの意外な関係
画像出典: fotolia

痩せたい人ほど食べるべき?食事とダイエットとの意外な関係

2017年03月16日
スリム体型を実現するためのファーストステップは、食生活の改善。しかも、必要なものを「食べる」ように整えることです。「ダイエット中だからとにかく減らす」はNG。体脂肪を燃焼させるのにだって、エネルギーが必要です。食べないダイエットでは、こんな結果になってしまいます……!

食べないダイエットで身体はどう変わる?

とにかくすぐに体重を減らしたいのならば、食事量を減らせば良い。これが一番、手っ取り早い方法かもしれません。しかし、その代償は大きいもの。

空腹でフラフラな状態では身体を大きく動かしてエネルギーを消費すること自体が難しくなりますし、たとえ運動してもエネルギー源が不足した状態では思うように体脂肪が燃えません。

ダイエットで食べないイメージ
画像出典: fotolia

それでも、体重は減ります。そのため「成功している!」と思ってしまうことも。しかし短期的な体重の減少は、体脂肪が減少したものではない場合が多いです。食事を減らした分や、体内の水分が不足した分、そして生きるエネルギーを確保するために筋肉や骨から削り取った分なのです。

食べないダイエットは、リバウンドしやすい

身体を動かす気力も、勢いもない……。そんな状態で、一度でもどか食いしたらどうなるでしょうか?まずは食事をとった分体重が増え、体脂肪になっているわけではなくとも「戻った」「太った」と感じます。その結果、ストレスを感じて更なるどか食いを招いたり、ダイエットを諦めたりしやすくなります。

するとその先には「リバウンド」が待っています。食事を減らした以上、食事を少しでも増やせば太るリスクを高めてしまうのです。

たくさん食べたイメージ
画像出典: fotolia

食べて痩せなければキープは難しい

一瞬だけ軽い体重になれば良いのであれば、食事を減らせば良いのかもしれません。しかし、極端な食事制限で実現した体型は、食事の制限を緩めれば戻ってしまいます。

健康的でスリムな身体をキープするには、食事を減らすのではなく体脂肪を燃焼するだけの栄養素をしっかり摂取し、運動することが大切です。ぜひ、自身を削らない、健康美ボディを実現してくださいね。

執筆者:
Nao Kiyota

LINE@で美LAB.を

友だち追加数