一般社団法人 Educate Movement Institute(大槻わか奈)「目指すはマシュマロボディ!ふわふわキープしてバストアップ」 一般社団法人 Educate Movement Institute(大槻わか奈)「目指すはマシュマロボディ!ふわふわキープしてバストアップ」

【動画あり】目指すはマシュマロボディ!ふわふわをキープしてバストアップ♡

2017.08.22 35歳からの垂れ胸対策【バストアップ】特集
女性らしい第一印象の決め手になるバストライン。ダイエットでスリムになったとしてもバストは綺麗に残したいところですね。ポイントはバストの筋肉の質に着目することと、背中を引き締めることです。ここでは簡単なストレッチや日常生活の中で意識したいことや、実践しやすいトレーニングをお伝えします。

大切な3つのステップ

バストトップを上げるためには・・・
•内に巻いた状態の肩を正しい位置に戻すこと。
•胸の裏側にある背骨の動きをしなやかにすること。
•背中側の筋力で背骨の正しい位置を保つこと。

まずはほぐして流すことから

スマートフォンを長時間同じ姿勢で使用したり、子供を抱っこしたりする日常の動作により、肩が内に入った状態や、背骨が過度に丸まった状態で筋肉が固まっていませんか?「しっかりほぐして流す」が大切。

1、肩甲骨の動きを良くします
片方の腕を上げると脇の下あたりに肩甲骨が出てくるので、肩甲骨を掴むようにほぐします。そのまま脇の下を押してみましょう。リンパの流れも良くなります。

2、背骨の動きを良くします
あぐらになって手を組み伸びをしたら手の甲をぐーんと前に押し出し、肩甲骨広がりを感じます。次に背骨全体を丸くしならせましょう。耳と肩のスペースを広げておくことを忘れずに。

3、三角座りの状態から後ろに手をつき、肘を伸ばした状態でバストトップを突き出します。腰を反らせるのではなく、ブラジャーのホックのあたりを斜め下から押されているようなイメージで。顎は軽く引いておきます。

トレーニングのイメージ

背面と二の腕のトレーニングをしましょう

うつ伏せに寝て、足の甲、恥骨をマットに押し付け、お腹を薄くしておきます。掌を合わせ、床をチョップして脇を閉めながら肩の下に置いた肘を伸ばしていきましょう。

腰を反らせず、伸び上がるように上体を持ち上げていきます。二の腕と肩甲骨の下あたりを意識してみてください。

日常で意識すること。

美しいバストラインを保つ為に、日常で意識したいことは・・・
•ブラジャーのホックを後ろから斜め上に押されてるイメージで、バストトップを高くする。腰を反らないようにする。

•背中側から体温計を挟むイメージで脇を締め、肩甲骨を引き下げておく。

•耳と肩のスペースを広くして、鎖骨をお尻側に引き下げる。

そして、肺にたっぷり空気を入れて呼吸して下さいね。

出典:
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる