老け顔にさようなら!目袋の膨らみを解消して若々しい印象に♪ 老け顔にさようなら!目袋の膨らみを解消して若々しい印象に♪

老け顔にさようなら!目袋の膨らみを解消して若々しい印象に♪

2016.09.29 エイジングケア/トリビア雑学
このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下にあるふくらみを目袋と言います。美人には目袋がある人が多く、ぷっくりした目袋を持っている芸能人も数多くいます。しかし、それはぷっくりハリがある目袋であり、脂肪や老廃物がため込まれて垂れさがっている目袋にはなんの魅力もないどころか老けて見られます。

そこで目袋のたるみを解消し、若々しくなる方法を探してみましょう。

たるみ解消に目元トリートメントを

スキンケア時にアイクリームをたっぷり塗り、薬指などを使って優しくトリートメントをします。保湿成分がしっかり配合されたアイクリームを使うことで、目元がイキイキとしてきますから、ハリのある目袋を作ることができます。

脂肪除去、レーザーを使った手術もある

美容整形のメニューの中に、目袋の脂肪吸引手術というものがあります。目袋が垂れて膨らみが下がって老けて見えるのであれば、美容整形を検討するのも良いかもしれません。

ただ、脂肪吸引するだけではその後、目の下はたるんだ皮だけになってしまいますから、目元のエクササイズやトリートメントが必要です。脂肪吸引と共に、痩せた目の下を美容外科で同時にケアしてもらうとよいでしょう。

筋肉をつけるのがよいが、肌のハリも大切にしたい

筋肉を鍛えることで目袋のたるみ、膨らみを解消することができます。しかし筋トレで筋肉は鍛えることができますが、肌のハリに関しては、老化の一途をたどります。

そこで食事から肌を若返らせようと思うのであれば、良質なたんぱく質を摂るようにしましょう。コラーゲンの材料にもなりますから、食べることで皮膚年齢も下がります。

このような目袋のたるみ、膨らみは事前に防ぎたいものです。定期的に毎日のスキンケアでリンパを流す、老廃物を除去したり、トリートメントでケアする必要もあります。 特に目を使っている仕事をしている人などはそうでしょう。皆さんも気を付けるようにしましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる