意外に知られていない自律神経とむくみの関係性とは 意外に知られていない自律神経とむくみの関係性とは

意外に知られていない自律神経とむくみの関係性とは

2016.08.25 痩身/トリビア雑学
このエントリーをはてなブックマークに追加

自律神経とむくみがどう関係しているの?ときょとんとする人もいるかと思いますが、自律神経とむくみは深いつながりがあります。なんとなく体調不良、でもどこが悪いのか分からないでモヤモヤ・・・。そんなときには、もしかしたら自律神経が乱れているかもしれません。原因不明のむくみなどはその兆候の可能性もありますから、注意してチェックしていきましょう。

血流の悪化によってむくみが起きる

自律神経は、血管を収縮させる働きをする「交感神経」と、血管を拡張する働きをする「副交感神経」の2つの神経系があります。両者がバランスよく機能することで体温は正常に保たれており、バランスが乱れると血流が悪化し、むくみができると言われています。

正常な判断ができなくなる自律神経

自律神経は、その名のとおり自活している神経ですから、外部から手を加えることがほとんどできません。精神科や心療内科でもらえる薬を飲んでいても、なかなか改善が難しいということもあります。

腸内環境を整えて免疫機能をアップ

自律神経を整えるためには、内臓が熱を生み出せることが大切です。夏冷えなどで内臓が冷え切っていると自律神経も乱れますから、夏でも温かいドリンクを飲んだり食べたりすることで体を温めましょう

また、めぐりをよくするためにリンパトリートメントを行うという方法もあります。1日2日では改善しないかもしれませんが、毎日コツコツ続けていれば効果が期待できます。むくみがあまりにひどい時には自律神経の乱れを考えましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる