あなたは大丈夫?オーラルケア知識の間違い5つ あなたは大丈夫?オーラルケア知識の間違い5つ

あなたは大丈夫?オーラルケア知識の間違い5つ

2016.07.27 女磨き/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーラルケアと言えば、口内の歯のケアのこと。最近ではオフィスに歯ブラシを持ち込んで、ランチタイム後にしっかり磨いている女性が増えました。けれど、それで虫歯が減ったのかといえばそうでもなく・・・。残念ながら、間違ったオーラルケアをしている人が多いようです。正しいオーラルケアを始めて美しい白い歯を保ちましょう。

食後すぐに磨くはNG、硬いブラシはNG

「歯磨きをするのは食べてすぐ」という人が多いのですが、これは間違っており、30分後にフッ素入り歯磨き粉で磨くことがベストだと言われています。30分以内だとエナメル質がまだ溶けやすい状態になっているので、よけい歯を傷つけることになるそうです。また硬いブラシだとエナメル質を削ることになり、歯が傷ついてしまします。

洗口液で乾燥した状態になる

洗口液を使う人も多くなってきましたが、この洗口液を使うことで口の中が殺菌されすぎて、唾液が出にくい状態にしてしまいます。すると口渇(こうかつ)が起き、より虫歯になるという可能性が高くなってしまうそうです。

歯ブラシだけでは歯垢はとれない、1本ずつ磨く

歯ブラシだけで口の中が全てキレイになったと思っていませんか?実は歯と歯の間にも歯垢は溜まっていますから、そこまで歯ブラシが届かない可能性は高いです。デンタルフロスなどを使って歯と歯の間をケアするようにしましょう。また歯は1本ずつ磨くのがポイントです。細かく横に動かして、優しく歯と歯茎の間を埋めるように磨くのがポイントです。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる