原因はホルモン?生理前の食欲を抑えるコツとは 原因はホルモン?生理前の食欲を抑えるコツとは

原因はホルモン?生理前の食欲を抑えるコツとは

2016.06.28 痩身/テクニック術
このエントリーをはてなブックマークに追加

生理前になるとやたらお腹がすいて、いつも食べすぎてしまう・・・ということはありませんか?なぜ生理前にはお腹がすくのでしょうか。それにはホルモンバランスが関係していますが、食欲をうまく抑える方法はあるのでしょうか?

黄体ホルモンが増えると甘いものが欲しくなる

普段それほど甘いものを食べないという人が、生理前になると必ずといっていいほど甘いものが食べたくなる・・・。そんな時には、黄体ホルモンが活発になっている証拠です。黄体ホルモンの分泌量が増えると血糖値は下がります。そのため血糖値をあげようとして、甘いスイーツなどが欲しいと体が本能的に感じるのです。

豆乳を食前に飲んでみる

ビタミンB6を積極的に摂ることによって、代謝促進することが出来ると言われています。そのため、豆乳などを食前に飲むことによって、カロリーセーブが出来たり、食べすぎを防止することが出来ます。大豆製品鶏肉などは積極的に食べましょう。

ドカ食いしたくなったら?

ドカ食いしたくなったら、まずは飴玉をなめます。糖分の塊である飴玉は一旦血糖値をあげてくれますから、食欲が急激にわいたものがスッとおさまるようになります。その後、食事の時間まで持たせるために、空腹時にはドライフルーツやふかしサツマイモなどを間食に摂るとよいでしょう。ナッツなども栄養豊富で良いですね。食事を抜くのはかえって逆効果なので注意が必要です。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる