30代以降の女性は要注意!?卵子減少の原因はビタミンDってホント? 30代以降の女性は要注意!?卵子減少の原因はビタミンDってホント?

30代以降の女性は要注意!?卵子減少の原因はビタミンDってホント?

2016.05.02 エイジングケア/美容成分・アイテム
このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の体にある卵子。卵巣から月に1度飛び出してきて、精子を待っています。しかし、受精しなければそのまま生理として流れてしまうのが卵子です。そんな卵子は胎児の頃から持っており、年齢によって減っていく、そして老化していきます。30も過ぎると卵子のアタリ確率は低くなり、妊娠しづらくなります。そんな卵子減少にビタミンDが関係していると言われています。

日光に当たることでできるビタミンD

ビタミンDは、脂溶性のビタミンでカルシウム吸収をアップさせ、骨を頑丈にする作用があります。食事からも摂れますが、日光にあたって生成します。今では妊娠するためには必須のビタミンであるとも言われています。

ビタミンD不足で卵子の残り数が決まっていた!?

あるデータによると、卵子の残り数が40代と同じくらいに少なくなっていると言われていた20代と30代の女性は、ビタミンDが不足しているという結果が出たのだそう。つまり、ビタミンD不足によって卵子は減少していくと考えられているようです。

ビタミンDを食事から摂るには?

では、サプリメントなどでビタミンDを摂取する必要があるのでしょうか?実際、しめじやまいたけなどのキノコ類魚類などに含まれているビタミンDは油と一緒に摂ることで吸収率がアップしますから、サプリメントで必ず補うという必要はないと言われています。適度に日光を浴びて、バランスの良い食生活を続けることが大切ということですね。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる