インナーケアで内側から美しく!女性ホルモンを増やす食べ物とは インナーケアで内側から美しく!女性ホルモンを増やす食べ物とは

インナーケアで内側から美しく!女性ホルモンを増やす食べ物とは

2016.03.12 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加

美のためには女性ホルモンがカギを握っています。女性ホルモンの分泌の多い女性はバストも豊かですし、何より女性らしい体つきになれます。そんな女性ホルモンは年齢と共に減少していきますから、食べ物から女性ホルモンを活発にしていきましょう。

大豆イソフラボンを摂りましょう

まずはなんといっても大豆イソフラボンが重要です。女性ホルモンによく似た作用のあるイソフラボンがエストロゲンの代わりをしてくれるのです。ポリフェノールの一種と言われ、大豆製品に主に含まれます。納豆や豆腐、豆乳や豆類に含まれますから、朝食がスムージーだ、という場合、豆乳で作ると朝から女性ホルモンを刺激出来ます。

卵巣に良いものを食べるとGOOD!

卵巣に良いものを摂ると女性ホルモンがアップしますから、まずは卵巣を健康にしましょう。そのためには青魚がぴったりです。たんぱく質は大切ですが、血液サラサラ効果が期待出来るDHAが豊富なサンマ、イワシなどの青魚を食べましょう。魚臭くて食べられないという女性も多いのですが、やはり美のためには好き嫌いをなくしましょう。

卵を1日1個

最も簡単な女性ホルモンを増やす方法として、卵を食べるというものがあります。1日1個、ゆで卵や目玉焼きを食べるだけで女性ホルモンがアップします。コレステロールも含まれ、栄養素がたっぷりの卵は1日1個は最低食べておきたい美容食なのです。

その他ゴマなどポリフェノールを多く含む食材も利用したいです。ゴマは単体で食べるのが難しいので、炒め物に入れたり、味噌汁に加えると効果的に摂ることが出来ると言われています。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる