シリコンとノンシリコンどっちがいいの?肌・髪への影響は シリコンとノンシリコンどっちがいいの?肌・髪への影響は

シリコンとノンシリコンどっちがいいの?肌・髪への影響は

2016.02.06 FGA・AGA(薄毛)/美容成分・アイテム
このエントリーをはてなブックマークに追加

シリコン入りとノンシリコンのシャンプーは、今ではほとんど見分けがつくようになってきたように思います。大手メディアもよく取り上げられていますし、ノンシリコンのほうが髪の毛や頭皮に良いとも言われています。そのためノンシリコンシャンプーを選ぶ人も増えていますが、実際はどっちが良いのでしょうか?

なぜシリコンが良くないのか?

シリコンは頭皮や毛穴に詰まり、毛穴詰まりを起こして頭皮ニキビの原因にもなると言われています。しかし実際は、新陳代謝の働きにより毛穴から異物は排出され、毛穴をふさぐことはないのです。問題は、市販の高級アルコール系シャンプーに含まれる界面活性剤です。

これがかなり強力な洗浄力を持っているので、洗うと髪の毛がきしきしになるので、シリコンで油分を補っているのです。

ノンシリコンはどうなるのか?

ノンシリコンは、シリコンを使っていない髪の毛に優しいマイルドな洗浄成分のシャンプーとなります。ですから必然的にノンシリコンのほうが髪の毛のダメージを保護してくれます。ボリュームがない、髪の毛が細いという人はノンシリコンが向いていると言われています。

サラサラとした感じを手に入れたいならノンシリコン、ボリュームがあって整えたい人はシリコンシャンプーが良いでしょう。

結局どっちもどっち

ノンシリコンだろうがシリコン入りであろうが、その後のヘアケアによって髪の毛の質は大きく違ってきます。ただ、注意点として覚えておきたいことは、シリコン入りのものは化学薬品がたっぷり入っているので、しっかりすすぐこと。ノンシリコンの場合は、シャンプー後髪の毛がきしみますから、コンディショナーを見直す必要があります。

FGA・AGA(薄毛)のキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる