意外と知らない?肌に負担をかけないクレンジング剤の選び方 意外と知らない?肌に負担をかけないクレンジング剤の選び方

意外と知らない?肌に負担をかけないクレンジング剤の選び方

2016.01.09 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

クレンジングをいつも使っているという女性は、オフィスで働く女性でしょう。メイクをしっかりとして行き、ランチタイムにはお直しもします。しかし帰宅してクレンジングする際、そのクレンジングは自分のメイクに合っているでしょうか?意外に皆知らないのがクレンジングなのです。

オイルクレンジングは肌負担が大きい

よく落ちるクレンジングといえば、オイルクレンジングでしょう。メーカーでもオイルクレンジングは1種類くらいは出しているはずです。

しかしオイルクレンジングは強力な洗浄力を持っていますから、必要な肌の皮脂まで取り除いてしまう可能性が高いのです。落ちが良い、イコール肌に優しいというわけではないのです。スピーディに落とせばよいというわけでもないようです。

ジェルタイプのクレンジング

肌に負担をかけないと言えば、ジェルタイプが中でもオススメです。さっぱりした使い心地なので、今までオイルで落としていた女性もさっぱり感は同じだと感じるでしょう。

オイルとミルクの中間のクレンジングだと覚えておきましょう。ミルクだと頼りないけれど、オイルだと肌に負担が大きい・・・という場合、ジェルタイプのクレンジングを選ぶようにすると良いでしょう。

本当はミルククレンジングがオススメ

ベースメイクにもよりますが、本来ならミルククレンジングがオススメです。リップやアイメイクは専用のリムーバーで先に落とし、ベースメイクだけミルククレンジングで落とすのが肌には最適なクレンジングの仕方でしょう。

クレンジングを一歩間違えると乾燥肌になったり、敏感肌になってしまうこともありますから、クレンジング選びは本当は化粧水を選ぶことよりも慎重に行うべきことなのです。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる