ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー、メリット・デメリットを比較してみよう! ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー、メリット・デメリットを比較してみよう!

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー、メリット・デメリットを比較してみよう!

2015.11.03 FGA・AGA(薄毛)/美容成分・アイテム
このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛に優しい、地肌に優しいと言われるノンシリコンシャンプー。しかしそんなノンシリコンシャンプーにもデメリットはあります。シリコンシャンプーもデメリットばかりではありません。両者をチェックしてみましょう。

ノンシリコンシャンプーの場合

ノンシリコンの場合、カラーリングやパーマがしっかりかかるので、髪の色を楽しんだりヘアスタイルを楽しむことができます。また髪の毛は軽くなり、毛が細い女性でもふんわりしたシルエットのヘアスタイルを作ることができます。頭皮も健やかに保つことが可能で、必要な皮脂は残し、不必要な汚れだけを落とすことができるので体に優しいですね。

しかしその一方で髪の毛はきしみますし、ダメージ進行が早くなることもあり、ドライヤーの熱に弱かったりします。

シリコンシャンプーの場合

シリコンシャンプーはすすぎの際、手触り良く滑らかで、乾かした後もサラサラ感が続きます。髪の毛同士の摩擦を抑えてくれますから、乾かす際もキューティクルが傷むことなしです。

ただ、ボリュームを抑える働きもありますから、ふんわり髪型にチャレンジしようと思っても難しいことがありますね。また皮脂が敏感な人、頭皮の油分が気になる人は控えるようが良いでしょう。頭皮の皮脂を必要以上に取り去ってしまうのがシリコンシャンプーなのです。

使い分けをしよう

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの特徴を掴んだら、まずは使い分けをしましょう。髪をしっとり落ち着かせて、髪の毛にパーマなどをあてているダメージヘアの人はシリコンシャンプーを、頭皮の匂いが気になったり、髪型をふわっと仕上げたい人はノンシリコンを。アレルギーなどの症状がコスメで出たことがある人もノンシリコンのほうが安心ですね。

どちらも良いところ、悪いところを補いつつありますので、ぜひ自分の使いやすいほうを選び、使いましょう。

FGA・AGA(薄毛)のキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる