海水と海洋深層水の違いって何? 海水と海洋深層水の違いって何?

海水と海洋深層水の違いって何?

2015.10.21 女磨き/トリビア雑学
このエントリーをはてなブックマークに追加

海水と海洋深層水、一体どう違うのでしょうか?どちらも同じ海水なのに、別名がついているということは何か成分や効果が異なるのでしょうか?

海洋深層水とは

海洋深層水とは太陽の光が一切届かないところにある海水のことです。地球上の水深の平均は3800mと言われています。海洋深層水は海水の95%にもなると言われています。海洋深層水の特徴として人体に良い成分が含まれている、表層とは異なり汚染が一切ない、水温は低温で安定している、栄養素がたっぷりあるなどです。

海水は一体?

海水は光を利用して植物プランクトンが盛んになっていますので栄養素は少なくなっています。海洋深層水と異なる点は、温度差があることや、栄養素が少ないという点でしょう。

ミネラル豊富な海洋深層水

海洋深層水は豊富なミネラルを持っています。バランスよく60種類も含有されているため、人体に良い影響を与えてくれます。ミネラルウォーターの川の水と比べると圧倒的に海洋深層水のほうがミネラルが豊富なことが分かるでしょう。摂取しにくいマグネシウムも、海洋深層水を飲めば一度に1日分を取り入れることが可能です。そんな純度の高い水だからこそ、お酒などに使われることも多いようですよ。

多岐に渡って色々な用途で使える海洋深層水は効果が期待できると認められていますから、多くの人々に知られるようになっています。日本では高知県の室戸沖のようです。採取できる場所によって使う用途も違うようなので、注目したいですね。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる