夏野菜の美容効果と調理法 夏野菜の美容効果と調理法

夏野菜の美容効果と調理法

2015.08.05 女磨き/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に旬を向かえる夏野菜。原色で濃い色をした野菜たちが多く、暑い夏を乗り切るための栄養をぎゅっと凝縮しています。汗や尿で体外に排出されるカリウムは夏場不足する栄養素。不足すると夏バテの原因になりますから、カリウムを多く含む夏野菜は美容には最適です。

野菜の代表トマト

トマトのリコピン作用によって抗酸化作用が認められ、老化防止の役割をしてくれます。ビタミンEと共に摂取すれば強力な抗酸化作用が認められます。煮込み料理にしても成分が壊れないのが良いですね。料理にするなら油を使ったものが最適です。トマトスープなど、冷えた体に温まるのでちょうど良いでしょう。

きゅうりが意外と外せない

きゅうりはビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、塩やもろみを漬けて食べるか、もしくは酢の物にして食べましょう。特にお酢にはビタミンCを破壊する酵素を緩和させる作用があるので、酢の物は理にかなった調理法と言えます。きゅうりはそのままでも美味しいですし、味噌につけて食べてもいいですね。カルパッチョ風にしても美味しく食べることができます。使う酢によって異なる味わいがでるのがきゅうりです。

なすは素揚げが美味しい!

なすは黒びかりするものが美味しさの証拠です。カレーなどに素揚げしたなすを入れるのはツウですね。またさっぱり食べたいあなたはなすをミョウガと塩もみしてみると良いでしょう。はし休めに最適な一品です。このように夏野菜には美味しい調理法がたっぷりありますので、毎日そうめんなんて勿体無いですよ!

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる