知らなきゃ損!スイカの美容効果を最大限に活かす食べ方3つ 知らなきゃ損!スイカの美容効果を最大限に活かす食べ方3つ

知らなきゃ損!スイカの美容効果を最大限に活かす食べ方3つ

2015.08.15 女磨き/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加

スイカには嬉しい成分が3つ入っているのを知っていましたか?それがリコピン、βカロテン、カリウムの3種です。このことを知らずに今まで食べていたなんて、損をしています、そこのあなた!さあ、今日からスイカを美容効果の高そうな食べ方で美容食物にしてください。

美肌が手に入る

スイカにはシトルリンと呼ばれる成分が含まれており、これは他の野菜、果物には殆ど含まれることはありません。血管を若返らせる作用を持っており、さらに血流改善に導いてくれるスーパーアミノ酸と呼ばれるシトルリンです。冷え性、むくみに役立ってくれますし、抗酸化作用などもありますから、若返りの果物とも呼べますね。

嬉しい成分は他の食べ物よりたっぷり

トマトによく含まれていると言われているリコピンは、アミノ酸の一種。そのリコピンはトマトよりスイカのほうが含有量が多いのです。しみやそばかすに効果が期待できますし、ビタミンCがたっぷりなので、お肌つるつるぴかぴか効果も期待できます。肌を白く保ちたいなら、夏場にこそスイカを食べましょう。

美容効果の高そうな食べ方とは?

さあ、そんなスイカを美容効果を引き出した食べ方をしましょう。まず1つ目は油と一緒に食べることです。リコピンは油と一緒に食べることで吸収がよくなりますので、リコピン効果を発揮させるためには油と一緒が適切です。てんぷらはご法度ですが、少量のオリーブオイルなど舐めると良いでしょう。

さらに皮も食べることがよしとされています。シトルリンは赤の果肉より皮に多く含まれ、2倍も含まれています。きゅうりのかわりに使えばいくらでも使うことができますね。スイカにコットンを浸して、コットンパックとして食べた後のスイカを使うことも美容としてOK。美白効果を期待できますよ。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる