自分に合った”ほくろ”を除去する3つの方法 自分に合った”ほくろ”を除去する3つの方法

自分に合った”ほくろ”を除去する3つの方法

2015.09.17 イボ・ほくろ/治療・施術法
このエントリーをはてなブックマークに追加

ほくろをどうしても消したい場所がある、という場合、どんな選択肢があるのでしょうか。自分に合ったほくろを除去する方法は一体どんなものがあるのでしょうか。

皮膚科へ行ってみる?

皮膚の専門家、皮膚科や手術をするなら美容整形外科などでは健康保険が適応になりますから、気になるほくろがあるのであれば、是非受診しましょう。ほくろの場合はほくろが悪化して癌化している可能性もありますから、皮膚科がオススメです。

美容外科は保険適応外で多少高くつきますが、美しくほくろを除去するにはぴったりですね。皮膚科ならメラノーマ(悪性ほくろ)か通常のほくろなのか診察してくれますから安心です。

自宅ケア?もぐさでほくろが取れる

もぐさとはよもぎの葉っぱを原料としたもので、精油成分チネオールが肌によい温熱刺激を与え、色々な疾病を完治させてきたと言われています。ですから民間療法で伝わってきたもぐさを使ってのほくろ除去はかなり信頼性がありますね。もぐさをほくろの上で燃やしていくと、3日から4日でほくろ表面が乾燥し、1週間から2週間でほくろはかさぶたとなって剥がれ落ちます。その痕も徐々に時間とともに消えていくようです。

漢方クリームで除去する

実は漢方を使ったクリームでほくろ除去するのは珍しくありません。アメリカ、イギリスなどでは当たり前のようにこのクリームでほくろ除去を行っているのです。火傷の心配もありませんし、美容外科に行かなくても済みますから、自宅で簡単にケアできます。ただし日本ではあまり取り扱いがないため、個人輸入する必要もあるかもしれません。漢方薬局で確認してみましょう。

イボ・ほくろのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる