●●●は焼いた方吸収されやすい?!焼いた方がダイエットに効果的な食材とは!! ●●●は焼いた方吸収されやすい?!焼いた方がダイエットに効果的な食材とは!!

●●●は焼いた方吸収されやすい?!焼いた方がダイエットに効果的な食材とは!!

2015.09.29 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット食品の代表としてまずはトマトがあげられますが、実はこのトマト、焼いたほうが効果を発揮することが期待できるそうなのです。トマトと言えば夏が旬。美味しいトマトを焼いてダイエットに成功しましょう。

何故焼いたら良いのでしょうか?

何故トマトは焼くと良いのでしょうか。それには冷えが関係しています。トマトと言えば冷蔵庫で保存するものですが、ダイエットの天敵は「冷え」です。冷たいトマトを食べていると、どうしても冷えてしまいますから、それを焼きトマトでカバーしようという考え方です。

ちなみに量としては1日に中から大の焼きトマトを2個程度食べると良いでしょう。焼き方は自由自在で、フライパンで焼いても良いですし、グリルで焼いても良いですね。丸ごと焼けるグリルは大変オススメです。

バナナやミカンも焼いてしまいましょう

美容を意識するのであれば、フルーツを毎日摂取する必要もありますね。何よりビタミンCが豊富ですし、お肌にビタミンCは必要不可欠です。しかしこんなフルーツも焼いてしまうと効能アップが期待できるのです。

ミカンを焼くメリットとしては焼いたミカンを皮ごと食べることができ、その分の栄養素を全て摂取できるという点があります。バナナを焼くメリットとしては吸収されやすく、善玉菌が増え、新陳代謝がアップすることによりエネルギー消費率もアップするという点があります。また2つ共通に言えることはどちらも焼くとさらに甘くなりますから、甘いものが欲しくなったダイエッターには特にオススメの方法なんですよ。

焼くとなんでも甘くなる?

トマトもそうですし、バナナ、ミカンも同じように焼くと甘みが増します。そうすることで苦手だったものも食べられるようになったり、トマトなら早くて2週間でダイエット効果を期待できると言われています。なんでも茹でたり、レンジでチンばかりしているダイエッターの皆さんは、一度「焼く」を意識してみてはどうでしょうか?焼いたほうが良い食材はもっとあるかもしれませんね。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる